So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

ウォールナットのディスプレイテーブルその④ [製作過程]

塗装の済んだ引出の面材を引出の箱に取り付けます。
IMG_4999.JPG

取っ手は面材の下端に彫り込んでいます。
IMG_5001.JPG

天板に2回目の塗装をしました。
IMG_5002.JPG

本体に天板を取り付けます。
IMG_5005.JPG

引出を入れ、ガラスを乗せて完成です。
IMG_5006.JPG

IMG_5007.JPG

IMG_5008.JPG

ショールームで撮影しました。
IMG_5017.JPG

IMG_5012.JPG

IMG_5013.JPG

ガラスの下に造花を飾ってみました。
IMG_5018.JPG

IMG_5019.JPG


ウォールナットのディスプレイテーブルその③ [製作過程]

ようやくディスプレイテーブルの続きです。

天板の枠にガラスの欠き込みと底板の欠き込み、組立の為のドミノの穴を切って狩り組みします。
IMG_4971.JPG

本組みします。
IMG_4972.JPG

接着剤を入れドミノチップを差し込みます。

天板は6㎝と厚いので2枚ホゾです。
IMG_4974.JPG

クランプで圧着します。
IMG_4975.JPG

引出も組み立てました。
IMG_4976.JPG

圧着が終わった天板のガラスが入る溝を整えて、サンディングと面取りします。
IMG_4990.JPG

その後天板に1回目の塗装をします。
IMG_4992.JPG

足部分もサンディングと面取りをして塗装します。
IMG_4991.JPG

天板の底板と引出の前板も塗装します。
IMG_4993.JPG

引出の中箱のサンディングと面取りも終わりました。
IMG_4994.JPG

もうすぐ完成です。

山桜のダイニングテーブルその④ [製作過程]

足の部分を組み立てます。
IMG_4933.JPG

IMG_4938.JPG


天板に付く桟のホゾ穴には手製の大きなドミノが入ります。
2枚ホゾになっています。
IMG_4940.JPG

IMG_4939.JPG

擦り桟との接合は割くさびホゾです。
IMG_4941.JPG

IMG_4936.JPG

IMG_4937.JPG

天板のサンディングと面取りをしました。
IMG_4946.JPG

1回目のオイル塗装をします。
プラネットジャパンのベーシッククリアオイルです。
IMG_4948.JPG

IMG_4949.JPG

組み上がった足の割くさびホゾの飛び出した部分を切り取り、サンディングと面取りをしました。
IMG_4947.JPG

天板と組み立てる前に足も塗装します。
IMG_4950.JPG

IMG_4951.JPG

塗装が終わった天板と足を組み立てます。
貫板と足の接合も割くさびホゾです。
IMG_4953.JPG

IMG_4954.JPG

最後に飛び出ている割くさびを切り、サンディングをして、
IMG_4960.JPG

天板に2回目に塗装としました。
今度はグロスクリアオイルです。
IMG_4961.JPG

割くさび部分にも塗装をして乾燥させれば完成です。
IMG_4962.JPG

お客様のお宅に納品しました。
DSC_0688.jpg

ウッディな内装の新築のおうちによくマッチしています。
ベンチチェストともぴったりです。

山桜のダイニングテーブルその③ [製作過程]

天板の部材を最終的な厚みの35㎜にそろえて、最後の板接ぎです。


両端に来る材を接ぎ合わせます。
IMG_4907.JPG

接着剤、ビスケットを入れてプレスで1昼夜圧着します。
IMG_4908.JPG

脚部分のホゾも切りました。
IMG_4909.JPG

IMG_4910.JPG

接ぎ合わせた天板を指定の大きさにテーブルソーで切ります。
巾に切ってから、長さに切ります。
片側をまっすぐにカットしてから、
IMG_4925.JPG

もう片側をカットします。
IMG_4926.JPG

大きさにカットできました。
こちらは裏側です。
ここに反り止めを兼ねたアリホゾを切ってゆきます。
IMG_4927.JPG

ルーターでホゾ溝を切ってゆきます。
IMG_4929.JPG

足がつく箇所2か所切ります。
IMG_4928.JPG

IMG_4930.JPG

ホゾ溝が切れました。

山桜のダイニングテーブルその② [製作過程]

部材を指定の厚みに近づけてゆきます。

天板用の材を並べてみました。
IMG_4865.JPG

IMG_4866.JPG

IMG_4867.JPG

厚みはまだ38㎜程です。
6枚接ぎになる予定です。

天板以外の部材も削っていっています。
IMG_4868.JPG

天板を少しづつ接いでゆきます。

まず2まいづつ、2組の板を接ぎ合わせます。
IMG_4869.JPG

接ぎ口にはサネ用のビスケット(専用の木片)を入れるための溝を切ってあります。
天板が厚いのでダブルで入れます。

接ぎ口の片側には水をもう片側には接着剤を塗り、
ビスケットが入る穴に接着剤を入れ、ビスケットを入れてゆきます。
IMG_4870.JPG

プレスで圧着させます。
IMG_4871.JPG

1昼夜圧着した後、2枚接ぎの板を同じように接ぎ合わせます。
IMG_4884.JPG

これでまだ4枚接ぎの状態です。
IMG_4885.JPG

圧着している間に脚の加工をします。

足と天版に突く桟を組み立てる用のほぞ穴を掘ってゆきます。
IMG_4886.JPG

天板に付く桟にもホゾ穴を掘ります。
IMG_4887.JPG

ここにもダブルでホゾが入ります。
IMG_4888.JPG

床に付く擦り桟にもホゾ穴を開けます。
IMG_4889.JPG

足に貫板が入るためのほぞ穴を開けます。
IMG_4890.JPG

これらには割くさび用のホゾが入るので、

大きめのホゾ穴をテーパーを付けて掘ります。

だんだん加工が進んできました。

山桜の板足ダイニングテーブルその① [製作過程]

ウォールナットのディスプレイテーブルと平行して、山桜のダイニングテーブルの製作過程です。

天板の厚み35㎜のダイニングテーブルを作ります。
山桜ダイニングテーブルイメージ耳無③.jpg

シンプルな板足のテーブルです。

材料となる山桜の荒材です。
IMG_4818.JPG

全体的に厚い材です。
赤みのある節の少ない良い材です。

部材となる材料をだいたいの長さに取る木取りを行います。
IMG_4819.JPG

何日も時間をかけて指定の厚みにそろえてゆきます。
IMG_4821.JPG

少し削っては寝かせて様子をみます。
無垢材は一度に削ってしまうと、反りが出てしまうことがあるので、削った材が環境になじむまで寝かせるのです。

ウォールナットのディスプレイテーブルその② [製作過程]

製作過程の続きです。

何日にも分けて削り、厚みがそろった材を指定の巾と長さにそろえます。

引出の入る幕板を接ぎ合わせます。これはまだ長さに切っていません。
IMG_4825.JPG

クランプで一昼夜圧着します。
IMG_4824.JPG

長さにそろえて、全体を組むためのほぞ穴を開け、一度仮組みをしてみました。
IMG_4806.JPG

IMG_4807.JPG

前後の幕板と足を先に組み立てます。
足のほぞ穴に接着剤を入れ、ジョイントとなるドミノチップという木のチップを入れてゆきます。
IMG_4809.JPG

IMG_4810.JPG

引出しが入る方の前幕板のほぞ穴にも接着剤を入れ、足とつなげます。
IMG_4811.JPG

IMG_4812.JPG

クランプで締めて、はみ出した接着剤をふき取ります。
IMG_4813.JPG

後ろの幕板も同じように組立てます。
IMG_4815.JPG

一昼夜圧着します。
IMG_4816.JPG

引出のガイドを取り付け、仕切り板取り付け用のネジ穴を開けて、再度仮組みします。

本組みします。引出受けやガイドなど、見えない部分は集成材を使用しています。
IMG_4826.JPG

ほぞ穴に接着剤を入れ、ドミノチップを差し込み、前後をつなぐ部材(側板になる幕板、引出受けなど)のほぞ穴に接着剤を入れ差し込みクランプをかけます。
IMG_4827.JPG

IMG_4828.JPG

これでまた一昼夜圧着します。
あとは天板と引出です。


ウォールナットのディスプレイテーブル① [製作過程]

今回はガラスを使ったディスプレイテーブルの製作過程です。

このようなリビングテーブルの大きさのテーブルです。
ディスプレイテーブル50角足①.jpg
引出がついています。
ディスプレイテーブル50角足②.jpg

樹種はウォールナット。天板のサイズは400×900と細長い天板に
これまた細長いガラスがのります。

早速ウォールナットの荒材から部材となる材の木取りをします。
ウォールナット⑨.JPG

木取りが出来た材です。
これから指定の厚みにそろえてゆきます。
ウォールナット⑥.JPG

だんだん指定の厚みに近づいててきました。
ウォールナット⑧.JPG

天板の厚みは60㎜です。
厚い材は高価になってしまうので、2枚の板を60㎜になるように貼り合わせます。
ウォールナット⑤.JPG

ウォールナット④.JPG

ウォールナット⑦.JPG

1晩圧着してクランプを外します。
ウォールナット②.JPGウォールナット③.JPG

ウォールナット以外の部材も揃えて、これですべての部材が取れました。
ウォールナット⑩.JPG

まだ、厚みは揃えていません。
一度に削ってしまうと反りや狂いが出てしまう恐れがあるので、
しばらく材を環境に慣らしてゆきます。

注文したガラスが届くのを待ってまた、加工を再開する予定です。


庭木が家具になるまでーその㉓ 今回の家具作りで生まれた物 [想いを形に]

ずいぶん時間が開いてしまいましたが、この物語もこの記事で最後です。

お客様にお作りした家具たちの中で新しいデザインはスツールです。
IMG_3371.JPG

せっかくなのでこのスツールを木槌の定番家具にしたいと思い、
よく使う栗と桜で作ってみました。

アクセントに座面にウォールナットを挟んでみました。
高さは40㎝、他は肉桂と柿のスツールと同じです。
同じデザインでも樹種の違いでこうも違うんですね。
CrZwZCUW8AAkwbq.jpg

CrZwZCUXYAEId97.jpg

こちらが桜
CrZwZCWWIAALnQv.jpg

こちらが栗
CrZwZGcXgAAmymY.jpg

ショールームでご覧いただけます。

最後に、おまけのお話。

この庭木の家具のお話を頂いた時と時を同じくして、
他のお客様より伐採した庭木をいくつかいただきました。
エノキやケヤキ、桜、ナラなどです。
材木に挽いたのもありますが、他はほとんど薪にしました。
その中で程よい大きさの丸太を選びキノコの原木栽培をする事に。

エノキがあるので、エノキタケの駒菌を買って打ち込みました。
エノキの栽培に適した木はエノキ、ケヤキ、桜、ナラ、そして柿などです。

柿の細い丸太が残っています。
これに打ち込んでみることにしました。

原木栽培には、本当はその年の春までに伐採したばかりの丸太を使います。
しかし柿は何年も倉庫に眠っていました。
乾燥しすぎかもしれません。
きのこがうまくできないかも・・・

今秋、エノキタケがいっぱい捕れました。
IMG_3840.JPG

IMG_3841.JPG

IMG_3334.JPG

IMG_3335.JPG

IMG_3336.JPG

心配していた柿の丸太からも少量ですがエノキタケが生えました。
DSC_0817.JPG

本格的な収穫は2年目の秋からなので、来年はもっと期待できるかもしれません。

これで今回の物語は終わりです。
読んでくださって感謝します。
ありがとうございました。


庭木が家具になるまでーその㉒ お客様の感想 [想いを形に]

お客様より、納品日を含め、何度かに分けて、写真と共にお使いの感想を送って頂きました。

以下はほぼ、いただいたご感想そのままです。

サイドテーブルもテーブル&スツールも…
あまりに美しい木目と絶妙な色味のなすハーモニーが、
何とも言えない味わい深さを、
そして温かみを醸し出しているように感じました。
納品⑬.jpg

製作時の様々なお話を伺いまして、
きっと、田中さんご夫妻の製作に掛ける真心からの想いが、この家具たちに
このような温もりと美しさを下さったのではないかと思いました…。

祖父、そして父の大切に守って来ました庭木たちが、
このような形で家に戻り、また、私たちが家族皆で大切に使ってゆける…
そう考えますと本当に感慨深く、
また、このような奇跡に心より感謝の思いでいっぱいです…。

今夜は、家族全員で、妹の部屋に集まり、さっそくテーブルを囲み祝賀会となりました!
実際、使ってみますと、テーブルもスツールも大変に使いやすく…
また、手触りも座り心地も、とても温かく、優しく、心地良い感じがしました。
料理③.jpg

料理②.jpg

以前より使っていたかのように、しっくりとその場に馴染んでおりまして…
やはり、私達の成長と共に慣れ親しんだ庭木だからでしょうか…
感慨ひとしおでございます。
料理①.jpg

料理⑤.jpg

野菜の盛り合わせは、堀川さんに作って頂いたサラダボウルを使ってみました。
箸と取り皿等々もセットしてみました。
テーブルとも素敵にマッチしています。
料理④.jpg

家具の方は、大変に心地よく使わせて頂いております。
毎週末には、妹の部屋で共に食卓を囲み夕食を楽しんでおります。
私は、作って頂いたスツールに腰掛け食事をしているのですが、
あまりに座り心地が良く、なかなか腰が上がらず、お酒が進んでしまいまして…、
これは、いかがなものか…⁈と、頭を悩ませております…笑

このよな数々のお誉めの言葉をいただき、
この仕事を引き受けて本当に良かったと改めて思いました。

庭木から家具を作るという事は、
普段仕入れしている製材した材料から作るのとは全く違っていました。
まず、材料が限られています。
堀川さんもおっしゃられていましたが、失敗すると取り返しがつかないので、
刃物を材に入れる時は大変緊張します。
他の材料なら、また新しい材を用意すればよいのですから。

また、少しでも無駄にしないように最大限の木取りで出来るようデザインにも気を配りました。

お客様の深い想いを形にする事が出来て、そしてお客様に喜んでいただけて、
本当に良かった、という安堵と感激でいっぱいです。

もちろん、普通にご注文品を作る時も、お客様の事を第一に考えています。
これからも、同じように家具を作っていきたいと思っています。

今回の家具作りで生まれた物、 に続く


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。