So-net無料ブログ作成
検索選択

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

想いを形に ブログトップ
前の10件 | -

庭木が家具になるまでーその㉓ 今回の家具作りで生まれた物 [想いを形に]

ずいぶん時間が開いてしまいましたが、この物語もこの記事で最後です。

お客様にお作りした家具たちの中で新しいデザインはスツールです。
IMG_3371.JPG

せっかくなのでこのスツールを木槌の定番家具にしたいと思い、
よく使う栗と桜で作ってみました。

アクセントに座面にウォールナットを挟んでみました。
高さは40㎝、他は肉桂と柿のスツールと同じです。
同じデザインでも樹種の違いでこうも違うんですね。
CrZwZCUW8AAkwbq.jpg

CrZwZCUXYAEId97.jpg

こちらが桜
CrZwZCWWIAALnQv.jpg

こちらが栗
CrZwZGcXgAAmymY.jpg

ショールームでご覧いただけます。

最後に、おまけのお話。

この庭木の家具のお話を頂いた時と時を同じくして、
他のお客様より伐採した庭木をいくつかいただきました。
エノキやケヤキ、桜、ナラなどです。
材木に挽いたのもありますが、他はほとんど薪にしました。
その中で程よい大きさの丸太を選びキノコの原木栽培をする事に。

エノキがあるので、エノキタケの駒菌を買って打ち込みました。
エノキの栽培に適した木はエノキ、ケヤキ、桜、ナラ、そして柿などです。

柿の細い丸太が残っています。
これに打ち込んでみることにしました。

原木栽培には、本当はその年の春までに伐採したばかりの丸太を使います。
しかし柿は何年も倉庫に眠っていました。
乾燥しすぎかもしれません。
きのこがうまくできないかも・・・

今秋、エノキタケがいっぱい捕れました。
IMG_3840.JPG

IMG_3841.JPG

IMG_3334.JPG

IMG_3335.JPG

IMG_3336.JPG

心配していた柿の丸太からも少量ですがエノキタケが生えました。
DSC_0817.JPG

本格的な収穫は2年目の秋からなので、来年はもっと期待できるかもしれません。

これで今回の物語は終わりです。
読んでくださって感謝します。
ありがとうございました。


庭木が家具になるまでーその㉒ お客様の感想 [想いを形に]

お客様より、納品日を含め、何度かに分けて、写真と共にお使いの感想を送って頂きました。

以下はほぼ、いただいたご感想そのままです。

サイドテーブルもテーブル&スツールも…
あまりに美しい木目と絶妙な色味のなすハーモニーが、
何とも言えない味わい深さを、
そして温かみを醸し出しているように感じました。
納品⑬.jpg

製作時の様々なお話を伺いまして、
きっと、田中さんご夫妻の製作に掛ける真心からの想いが、この家具たちに
このような温もりと美しさを下さったのではないかと思いました…。

祖父、そして父の大切に守って来ました庭木たちが、
このような形で家に戻り、また、私たちが家族皆で大切に使ってゆける…
そう考えますと本当に感慨深く、
また、このような奇跡に心より感謝の思いでいっぱいです…。

今夜は、家族全員で、妹の部屋に集まり、さっそくテーブルを囲み祝賀会となりました!
実際、使ってみますと、テーブルもスツールも大変に使いやすく…
また、手触りも座り心地も、とても温かく、優しく、心地良い感じがしました。
料理③.jpg

料理②.jpg

以前より使っていたかのように、しっくりとその場に馴染んでおりまして…
やはり、私達の成長と共に慣れ親しんだ庭木だからでしょうか…
感慨ひとしおでございます。
料理①.jpg

料理⑤.jpg

野菜の盛り合わせは、堀川さんに作って頂いたサラダボウルを使ってみました。
箸と取り皿等々もセットしてみました。
テーブルとも素敵にマッチしています。
料理④.jpg

家具の方は、大変に心地よく使わせて頂いております。
毎週末には、妹の部屋で共に食卓を囲み夕食を楽しんでおります。
私は、作って頂いたスツールに腰掛け食事をしているのですが、
あまりに座り心地が良く、なかなか腰が上がらず、お酒が進んでしまいまして…、
これは、いかがなものか…⁈と、頭を悩ませております…笑

このよな数々のお誉めの言葉をいただき、
この仕事を引き受けて本当に良かったと改めて思いました。

庭木から家具を作るという事は、
普段仕入れしている製材した材料から作るのとは全く違っていました。
まず、材料が限られています。
堀川さんもおっしゃられていましたが、失敗すると取り返しがつかないので、
刃物を材に入れる時は大変緊張します。
他の材料なら、また新しい材を用意すればよいのですから。

また、少しでも無駄にしないように最大限の木取りで出来るようデザインにも気を配りました。

お客様の深い想いを形にする事が出来て、そしてお客様に喜んでいただけて、
本当に良かった、という安堵と感激でいっぱいです。

もちろん、普通にご注文品を作る時も、お客様の事を第一に考えています。
これからも、同じように家具を作っていきたいと思っています。

今回の家具作りで生まれた物、 に続く


庭木が家具になるまでーその㉑ 庭木の思い出 [想いを形に]

納品の後、お客様に庭木がまだお庭に立っていた頃の写真を見せていただきました。
以下は写真を写した物です。

お客様が生まれる以前よりずっとそこにあった木たち。
お祖父様が植樹されたとか、、、

大きな肉桂の木
IMG_3501.JPG

3階建ての建物より高いですね。

IMG_3509.JPG

子供の頃によく木登りをされたそうです。

そしてこれまた大きな柿の木
IMG_3514.JPG

IMG_3516.JPG

甘柿で、秋には沢山の実が成っていました。
IMG_3505.JPG

IMG_3506.JPG

IMG_3507.JPG

IMG_3513.JPG

器類になったザクロ
IMG_3510.JPG
花が咲いているのがわかります。

お客様にとって大切な思い出がたくさん詰まった庭木たち、
お家の建て替えで伐採してしまうことになり、長野にトラックで運ばれる時は、
寂しくて手を振って見送られたそうです。

猫ちゃんが木登りをされていた写真も送って頂きました。
CIMG0723.JPG

CIMG0725.JPG

これらの庭木たちが家具や小物になってお客様の元に帰って来たのです。
DSC_0196.JPG

お家にいた他の猫ちゃんを見せていただきました。
IMG_3684猫.jpg

リードを付けて散歩に行かれるそうです。

そして現在のお庭の様子です。
IMG_3521.JPG

IMG_3519.JPG

以前の庭の名残がところどころ残っています。

数多くの家具を作ってきましたが、庭木でここまで本格的な家具を作らせていただいたのは初めてです。
私たちにとってもとても思い出深い仕事になりました。

お客様からのご感想、 に続く


庭木が家具になるまでーその⑳ 納品 [想いを形に]

7月の終わりごろ、納品の前日に庭木の保管場所だった
ロジテックの有賀さんが完成した家具を見に来られました。
息子さんがどうなったかとても心配されていたようです。
写真を撮って行かれ東京の息子さんに送ると言っておられました。

さて納品の日です。
テーブルは分解すると反り止めがなくなってしまうので、
車に積み込む直前に分解します。

すべてを積み込んで東京のお客様のお宅に出発。
その日はとても暑い日でした。

午後2時頃気温もピークです。
お客様のお宅に到着です。
家の前に車を止め、いったん家具類を降ろしてから、
離れた場所の駐車場に車を停めに行きました。

納品場所のリビングは2階なので、2階に運び込みます。
分解してあるので狭い階段も楽に運べました。

早速テーブルを組み立てます。
写真はお客様が撮ってくださいました。

天板を裏向きに置き、横で脚を組み上げます。
納品①.jpg

組み上げた脚をひっくり返し、天板のアリ溝にハンマーで打ち込んでゆきます。
納品②.jpg

納品③.jpg

最後はハンマーだけでは硬いので、クランプを使って締めあげてゆきます。
納品④.jpg

納品⑤.jpg

最後まで入れ込み、アリ溝の入り口に木で作った栓をねじ止めします。
1.jpg

4.jpg

2.jpg

3.jpg

テーブルをひっくり返して立たせます。
納品⑨.jpg

貫板にコミ栓をしっかり入れ込みテーブルの組立終わりです。
納品⑫.jpg

スツールを添えて完成です。
納品⑬.jpg

dining_45-16.jpg

dining_45-17.jpg

まだ使っていないというザクロや柿の小物をテーブルに並べさせてもらい写真を撮らせていただきました。
DSC_0196.JPG

サイドテーブルはソファーの横に。
DSC_0192.JPG

DSC_0193.JPG

DSC_0194.JPG

結局つまみは実際にお客様の前で付けてみて、一番小さい物に決まりました。

庭木の思い出、に続く

庭木が家具になるまでーその⑲ ショールームでの撮影 [想いを形に]

完成した家具の足裏すべてにフェルトを貼り、
ショールームで撮影をしました。

まずは一番最初に完成したスツールから、
IMG_3370.JPG

IMG_3371.JPG

DSC_0183.JPG

最初のデザインよりも座面は少し大きめです。
座面は柿の間に肉桂が一筋入っています。
IMG_3375.JPG

黒柿の部分もところどころあり、2脚とも個性があります。
IMG_3372.JPG

IMG_3373.JPG

DSC_0173.JPG

DSC_0174.JPG

DSC_0179.JPG

DSC_0176.JPG

DSC_0175.JPG

DSC_0180.JPG

脚部分は柿だけで作ってあります。
DSC_0182.JPG

DSC_0177.JPG


次はダイニングテーブル
dining_45-05.JPG

dining_45-04.JPG

dining_45-03.JPG

スツールとは反対に天板の巾が少し狭くなってしまいました。
dining_45-01.JPG

他の材ならもう一枚接ぎ合わせて巾をご希望通りに仕上げるのですが、
限られた材料なので仕方ありません。

肉桂の老けた部分も使用しなければ、ダイニングテーブルはできませんでした。
肉桂だけでは足りずに柿も2枚接ぎ合わせていますが、
これが良いアクセントになっています。
dining_45-02.JPG

木目のつながりも良い感じに仕上がっていると思いますがどうでしょうか。

脚の部分も柿と肉桂で作りました。
dining_45-11.JPG

反り止めの入るホゾには栓がしてあります。
dining_45-10.JPG

ダイニングテーブルにスツールを合わせてみました。
dining_45-06.JPG

dining_45-09.JPG

高さもちょうどよく、スツールはとても座り心地も良いです。

最後はサイドテーブルです。
こちらは天板が肉桂、脚が柿です。
living_14 -01.JPG

living_14 -02.JPG

living_14 -03.JPG

living_14 -04.JPG

living_14 -05.JPG

やはり肉桂の材の長さが足りず、最初のデザインよりも奥行きが短くなってしまいました。

引出のつまみは一番小さい物を付けて撮影しました。
つまみのネジの大きさが同じなので、気分で他のつまみに付け替える事も可能です。

全部並べて一緒に写真を撮ってみました。
dining_45-15.JPG

あの倉庫に眠っていた丸太がこのような家具に生まれ変わるとは!

納品の日が楽しみです。

納品、に続く

庭木が家具になるまでーその⑱ 完成へ [想いを形に]

サイドテーブルの引出つまみがお客様より届きました。
ガラスで大きさの違う3種類のつまみです。
合う物を付けて欲しいとの事でした。
完成してから決めたいと思います」。

いよいよ脚本体の組立です。
IMG_3667.JPG

各パーツのホゾ穴に接着剤を塗り、木のチップやダボを差し込んでクランプで圧着させます。
IMG_3668.JPG

IMG_3669.JPG

サンデングをし、きれいにしました。
柿に黒いところがいいアクセントになっています。
IMG_3670.JPG

仮組をした引出を入れてみました。
ちょうどいい具合に納まりました。
IMG_3671.JPG

引出の上の部分の真ん中に桟があるので、引出しをいっぱい出しても前に傾きません。
DSC_0503.JPG

引出を組み立てます。
底板以外は柿で作りました。
IMG_3672.JPG

側板から前板と後板にネジ止めしたところは柿の木で作ったダボで埋めました。
IMG_3673.JPG

脚本体をプレポリマーで塗装しました。
IMG_3674.JPG

引出の余分なダボを切り落とし、サンディングをし、面取りをします。
IMG_3675.JPG

引出の最終的な調整をして、仕上がった天板を置いてみました。
IMG_3677.JPG

IMG_3678.JPG

引出の前板を塗装して、天板をねじ止めすれば完成です。

ショールームでの撮影、に続く

庭木が家具になるまでーその⑰ 製作過程⑦ [想いを形に]

脚を組む前にダイニングテーブルの天板を先に塗装しました。
完成まで反り止めを入れられないので、塗装する事で狂うのを少しでもなくすためです。
また、肉桂には思ったより老けの部分があったので、
早くプレポリマーを木に浸透させて、もろい部分を固めたかったからです。
スツールと同じように塗って、水研ぎを繰り返します。
肉桂は驚くほど塗料を吸い込んでゆきました。
IMG_3638.JPG

IMG_3639.JPG

その間に脚の組立です。
IMG_3641.JPG

上下桟のホズ穴に接着剤を塗り、ホゾ用の木片を入れ、そこに接着剤を塗り、
IMG_3644.JPG

脚部分のホゾ穴にも接着剤を塗り、
IMG_3643.JPG

クランプで締めつけます。
IMG_3645.JPG

IMG_3646.JPG

組み上がった脚や貫板も塗装をしました。
IMG_3655.JPG

これで残るはサイドテーブルのみとなりました。

まずは肉桂の天板を接ぎ合わせます。
4枚接ぎです。
板を並べてみました。
IMG_3647.JPG

2枚づつを接ぎ合わせ、出来た板をまた接ぎ合わせます。
IMG_3648.JPG

IMG_3654.JPG

引出の前板が入る幕板を作ります。
1枚の板を横と縦に切ってから、
IMG_3650.JPG

IMG_3651.JPG

前板分を取り除いて接着しなおします。
IMG_3653.JPG

手間がかかりますが、幕板の木目が繋がって美しく仕上がります。
IMG_3652.JPG

脚に幕板が入るホゾ穴をあけます。
IMG_3660.JPG

IMG_3661.JPG

同様に幕板にも脚や引出の受けとの接合のためのダボ穴やホゾ穴をあけます。
IMG_3659.JPG

IMG_3662.JPG

先細りの脚にするために脚の2面を斜めにカットします。
IMG_3663.JPG

両サイドの脚を組み立てました。
IMG_3666.JPG

天板をサンディング、面取りしました。
IMG_3656.JPG

天板を塗装しました。
つくづく肉桂という木は表情豊かな木だと思います。
IMG_3665.JPG

完成へ、に続く

庭木が家具になるまでーその⑯ 製作過程⑥ [想いを形に]

ダイニングテーブルの天板に反り止めの加工をします。
ルーターという機械に刃物を取り付けて、
天板に末広がりの形をしたアリ溝を彫ります。
IMG_3620.JPG

IMG_3619.JPG

IMG_3621.JPG

続いて溝を切った同じ刃物を使って、脚部分の上桟にアリホゾを切ります。
IMG_3622.JPG

溝もホゾも、若干奥に行くほど狭くなっているので上桟を天板に打ち込んだ時、
だんだんきつくなって、しっかりと固定できるようになっています。
DSC_0335.jpg

溝にホゾを入れてみました。
なかなか良いようです。
DSC_0336.jpg

反り止めの加工が終わったら、天板の成形に入ります。
4つ角に半径10cmのアールを取り、約9mmの面取りをしました。
ずいぶんと柔らかい感じになりました。
IMG_3627.JPG

IMG_3626.JPG

次に脚の上下桟に脚の部材とつなぐホゾ穴をあけます。
IMG_3628.JPG

脚の部材にも桟とつなぐためのほぞ穴と貫板を通すためのホゾ穴をあけます。
IMG_3629.JPG

上下の桟の左右をを斜め切りにして横長の台形に成形します。
IMG_3630.JPG

IMG_3632.JPG

脚の部材も斜め切りをし縦長の台形に成形します。
IMG_3637.JPG

貫板のホゾを作り、ホゾの先を半円に成形し、コミ栓用の穴をあけます。
IMG_3631.JPG

全ての部材がそろったので脚の組立前に仮組をしてみました。

組んだ脚の上桟のホゾをひっくり返した天板のほぞ溝に少しづつ左右同時に叩き込んでゆきます。
IMG_3633.JPG

最後はかなりきつめに打ち込まないと入らない固さに仕上がっていて、
丁度いい具合に納まりました。
IMG_3634.JPG

貫板にコミ栓を打ち込み、全体をしっかりと固定しました。
IMG_3635.JPG

ようやく全体像が見えてきました。
IMG_3636.JPG

製作過程⑦、に続く


庭木が家具になるまでーその⑮ 製作過程⑤ [想いを形に]

スツールの飛び出たホゾとくさびをのこぎりで切り落とします。
IMG_3600.JPG

IMG_3607.JPG

表面を滑らかにサンディングして、後は塗装です。
IMG_3609.JPG

塗料はプレポリマーです。
専用シンナーで希釈したプレポリマーを刷毛で塗ってゆきます。
木が塗料をどんどん吸い込みます。
これ以上吸い込まないというところまで塗ってゆきます。
時間が経ちすぎるとべとべとしてくるので、素早く塗り込みボロキレでふき取ります。
その後、専用シンナーをボロキレに付けて表面に残った塗料をきれいにふき取ります。
IMG_3611.JPG

木目が鮮やかに浮き出てきました。
このまま充分に乾燥させます。

乾燥したら#400の水研ぎペーパーで全体を研磨します。
そしてまた、乾かします。

もう一度専用シンナーで希釈したプレポリマーを塗り、
今度は#800の水研ぎペーパーで研磨。
最後にもう一度塗装して乾燥させれば完成です。

スツールの塗装の間にテーブルの天板の板接ぎをしました。
接ぐ板は全部で8枚です。
IMG_3582.JPG

まず、2枚づつ接ぎ合わます。
IMG_3602.JPG

IMG_3604.JPG

IMG_3605.JPG

IMG_3606.JPG

接ぎ合わせた4枚の板が出来ました。
肉桂の老けの部分が思ったより多く、
最終的な全体の巾は80cmを切ってしまいそうです。
IMG_3610.JPG

天板の木目や色合いなどを見ながら木を並べ替え、
一番左端の板を裏返し、ベストと思われる順番にしました。
IMG_3613.JPG

この並べ方が、木目のつながりがきれいだと思います。
これで決定です。
IMG_3612.JPG

2枚づつ接ぎ合わせます。
IMG_3614.JPG

IMG_3615.JPG

これで、40cm弱の巾の板になりました。
まだ、厚みは仕上がりサイズにしていません。
工房にある厚みに削る機械、自動カンナは巾60cmまで削る事ができます。

この板の厚みをそろえ、最後の接ぎでやっと1枚の板になりました。
IMG_3616.JPG

IMG_3617.JPG

余分な端を切り落とします。
IMG_3618.JPG

製作過程⑥、に続く



庭木が家具になるまでーその⑭ 製作過程④ [想いを形に]

小物が完成し、スツールを作っている間にも他の家具の木作りは進んでいます。
ダイニングテーブルの天板用の板を並べてみました。
木目や色を見ながら違和感のない並び方で接ぎ合わせたいと思っています。
IMG_3582.JPG

テーブルの脚の部材も幅広い材が無いので柿を接ぎ合わせました。
IMG_3583.JPG

さて、スツールの座面の面取り、サンディングが終わり、
いよいよ組立です。

脚のホゾ穴に接着剤を入れ、
IMG_3592.JPG

柿で作ったホゾの部材を
IMG_3593.JPG

打ち込みます。
IMG_3595.JPG

左右の脚部分の幕板にあいたホゾ穴と貫板のホゾ部分に接着剤を付けてつなぎ、
IMG_3596.JPG

脚のホゾと在他のホゾ穴に接着剤を付け、座板のホゾ穴にホゾ部分を差し込みます。
IMG_3597.JPG

いったん、プレス機を使ってしっかり奥まで入れ込みます。
IMG_3598.JPG

座板と貫板のホゾにクサビを打ち込みます。
IMG_3599.JPG

接着剤が固まるまで放置します。
IMG_3600.JPG

2脚上手く組み立てられました。もう少しで完成です。
IMG_3601.JPG


製作過程⑤、に続く
タグ:スツール
前の10件 | - 想いを形に ブログトップ
メッセージを送る