So-net無料ブログ作成
検索選択

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

山桜の板足ダイニングテーブルその① [製作過程]

ウォールナットのディスプレイテーブルと平行して、山桜のダイニングテーブルの製作過程です。

天板の厚み35㎜のダイニングテーブルを作ります。
山桜ダイニングテーブルイメージ耳無③.jpg

シンプルな板足のテーブルです。

材料となる山桜の荒材です。
IMG_4818.JPG

全体的に厚い材です。
赤みのある節の少ない良い材です。

部材となる材料をだいたいの長さに取る木取りを行います。
IMG_4819.JPG

何日も時間をかけて指定の厚みにそろえてゆきます。
IMG_4821.JPG

少し削っては寝かせて様子をみます。
無垢材は一度に削ってしまうと、反りが出てしまうことがあるので、削った材が環境になじむまで寝かせるのです。

ウォールナットのディスプレイテーブルその② [製作過程]

製作過程の続きです。

何日にも分けて削り、厚みがそろった材を指定の巾と長さにそろえます。

引出の入る幕板を接ぎ合わせます。これはまだ長さに切っていません。
IMG_4825.JPG

クランプで一昼夜圧着します。
IMG_4824.JPG

長さにそろえて、全体を組むためのほぞ穴を開け、一度仮組みをしてみました。
IMG_4806.JPG

IMG_4807.JPG

前後の幕板と足を先に組み立てます。
足のほぞ穴に接着剤を入れ、ジョイントとなるドミノチップという木のチップを入れてゆきます。
IMG_4809.JPG

IMG_4810.JPG

引出しが入る方の前幕板のほぞ穴にも接着剤を入れ、足とつなげます。
IMG_4811.JPG

IMG_4812.JPG

クランプで締めて、はみ出した接着剤をふき取ります。
IMG_4813.JPG

後ろの幕板も同じように組立てます。
IMG_4815.JPG

一昼夜圧着します。
IMG_4816.JPG

引出のガイドを取り付け、仕切り板取り付け用のネジ穴を開けて、再度仮組みします。

本組みします。引出受けやガイドなど、見えない部分は集成材を使用しています。
IMG_4826.JPG

ほぞ穴に接着剤を入れ、ドミノチップを差し込み、前後をつなぐ部材(側板になる幕板、引出受けなど)のほぞ穴に接着剤を入れ差し込みクランプをかけます。
IMG_4827.JPG

IMG_4828.JPG

これでまた一昼夜圧着します。
あとは天板と引出です。


ウォールナットのディスプレイテーブル① [製作過程]

今回はガラスを使ったディスプレイテーブルの製作過程です。

このようなリビングテーブルの大きさのテーブルです。
ディスプレイテーブル50角足①.jpg
引出がついています。
ディスプレイテーブル50角足②.jpg

樹種はウォールナット。天板のサイズは400×900と細長い天板に
これまた細長いガラスがのります。

早速ウォールナットの荒材から部材となる材の木取りをします。
ウォールナット⑨.JPG

木取りが出来た材です。
これから指定の厚みにそろえてゆきます。
ウォールナット⑥.JPG

だんだん指定の厚みに近づいててきました。
ウォールナット⑧.JPG

天板の厚みは60㎜です。
厚い材は高価になってしまうので、2枚の板を60㎜になるように貼り合わせます。
ウォールナット⑤.JPG

ウォールナット④.JPG

ウォールナット⑦.JPG

1晩圧着してクランプを外します。
ウォールナット②.JPGウォールナット③.JPG

ウォールナット以外の部材も揃えて、これですべての部材が取れました。
ウォールナット⑩.JPG

まだ、厚みは揃えていません。
一度に削ってしまうと反りや狂いが出てしまう恐れがあるので、
しばらく材を環境に慣らしてゆきます。

注文したガラスが届くのを待ってまた、加工を再開する予定です。


既存キャビネットの脚延長 [製作過程]

ずいぶんと久しぶりにブログを書きます。
ショールームの展示家具をお買い求めいただいたお客様よりキャビネットの脚の延長を依頼されました。

元はこのキャビネットです。
cabinet-12.jpg

この脚を30㎝高くします。

前後に脚を追加するデザインにしました。
追加の脚を削り出し、ほぞ穴をあけて、塗装を済ませ、接着します。

接着座を入れて
IMG_6201.JPG

ホゾになるドミノチップを入れ、
IMG_6202.JPG

既存の脚もサンディングしてほぞ穴をあけてあります。
こちらにも接着剤を付けます。
IMG_6203.JPG

追加の脚をクランプで圧着
IMG_6204.JPG

こんな形になりました。うまくつきました。
IMG_6207.JPG

上のキャビネット本体は先にお客様に納品済みなので、全体がお見せできずにすみません。

既存の脚と同じ塗料を塗りましたが、経年変化の具合と材が似ている物の他の材なので、全く同じ色にはなりませんが、さほど違和感はないと思います。


楕円リビングテーブル③とテレビ台④ [製作過程]

テーブルの裏に反り止め用のアリ溝を切り、楕円形に切り取ります。
IMG_5932.JPG

型板通りにきれいに切り抜けました。
IMG_5935.JPG

縁に坊主面を取ります。
IMG_5937.JPG

補強板に脚を割くさびで取り付けます。
IMG_5942.JPG

テーブル用とテレビ台用
IMG_5945.JPG

テーブルの天板と、テレビ台の棚板を塗装しました。
棚板も坊主面がとってあります。
IMG_5946.JPG


おまけ

最近はTwitterの方に猫の事をたくさん書いています。
そちらもよろしくお願いします。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

テレビ台その③ [製作過程]

テレビ台の天板と底板を成形そ、サンディングと面取り、配線孔の穴あけが終わっていよいよ組立です。

部材とホゾ用のドミノチップを並べます・
IMG_5922.JPG

IMG_5923-937f8.jpg

接着剤は板接ぎの時とは違う木工ボンド。
IMG_5921.JPG

接着剤をつけ、ドミノチップを差し込み、側板を底板に取り付けます。
IMG_5924.JPG

同じように天板も取り付けます。
IMG_5926.JPG

組立機で圧着します。
IMG_5929.JPG

IMG_5930-63251.jpg

はみ出した接着剤をきれいにふき取って、完了です。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

楕円リビングテーブルとテレビ台その② [製作過程]

幅の広い部材の板接ぎをします。
サネとなるビスケットの穴を開けて、接着剤を併用し、組立機で圧着します。

テレビ台の天板、底板から、
まず手前の2枚と奥の2枚をそれぞれ接ぎ合わせます。
IMG_5911.JPG

接着剤はドイツ製のウレタン系接着剤です。
IMG_5913.JPG

2枚同時に組立機へ。
IMG_5914.JPG

その後、その2枚を同じように接ぎ合わせます。

側板などの小さい部材はクランプで圧着させます。
IMG_5915.JPG

楕円テーブルの天板も接ぎ合わせます。
IMG_5917.JPG

テレビボードも、テーブルの天板も型板通りに切り抜いた時に、ビスケットが見えないようにしています。

楕円テーブルの型板も作ります。
IMG_5916.JPG

スピンドル脚も出来上がりました。
IMG_5910.JPG

スピンドル脚のホゾを入れる補強板にほぞ穴を開けました。
IMG_5908.JPG

板接ぎが済んだ部材をサイズにカットして、組むためのほぞ穴を開けて、型板通りにカットする前に仮組しました。
IMG_5918.JPG

裏板用の欠き込みもしてあります。

あと少しで本組が出来ます。
お楽しみに。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

楕円リビングテーブルとテレビ台その① [製作過程]

久しぶりに製作過程を書きます。

製作するのは、楕円のリビングテーブルとテレビ台です。
小林様楕円テーブル先細り脚.jpg
天板は900×450の大きさです。

中にアイアンのブラケットで棚を付けたデザインのテレビボード。
以前に同じアイアンブラケットを付けたキッチン作業台を納めさせていただいたお客様です。
参考④.jpg

キッチン作業台の棚
DSC_0230.jpg

テレビボードの脚は楕円リビングテーブルとそろえて、スピンドルの脚です。

材は栗です。
木取りが終わった材。
IMG_5900.JPG

厚みをそろえてゆきます。
IMG_5902.JPG

テレビボードの天板と底板の型板を作りました。
IMG_5903.JPG

テレビボードはコーナー用です。

今日には天板などの板接ぎができる予定です。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

メキシカンボウル洗面台その④ [製作過程]

塗装が完全に乾いてから、本体に天板を取り付けました。
IMG_5856.JPG

洗面ボウルを取り付ける準備をします。
コーキングがはみ出ないようにマスキングテープを貼ります。
IMG_5860.JPG

コーキングがんで洗面ボウルを固定して、隙間を埋めてきれいに均したら出来上がりです。
IMG_5862.JPG

ショールームで水栓金物を仮置きしてみました。
IMG_5867-54b20.jpg

IMG_5863.JPG

IMG_5864.JPG

つまみはお客様がお選びになった物です。
ボウルと色合いがとてもマッチしています。
IMG_5868-e7968.jpg

今回は現場取り付けはありません。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

メキシカンボウル洗面台その③とメープル棚板その② [製作過程]

あまり写真を撮っていなくて、画像が少ないのですが、
接いだ天板を大きさにカットして、洗面ボウルの穴と水栓の穴を空け、バックガードの板を取り付けました。IMG_5848.JPG

サンディング、面取りをして、ベーシックオイルで下塗りをしました。
IMG_5850.JPG

扉にスライド丁番を取り付け、本体にもマウンティングプレートを取り付けます、
つまみ用の穴を空け、サンディング面取りをして、着色しました。
IMG_5851.JPG

IMG_5852.JPG

棚板は2枚接ぎです。
ある程度の厚みにそろえた板にサネ用のビスケットの穴を空け、ウレタン接着剤で接ぎ合わせました。
IMG_5853.JPG

IMG_5854.JPG

2枚同時にプレスします。
IMG_5855.JPG

もうすぐ完成です。

お楽しみに。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る