So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

変型テーブルその③・デスク&チェアその③・ダイニングチェアその② [製作過程]


全部完成しているので、あとはまとめてお届けします。


テーブルの足を長さに切ります。

足の長さの冶具に足を添えて、

DSC_1241.JPG


長さ位置に印をつけて、手のこでまっすぐ切ります。

DSC_1242.JPG


DSC_1243.JPG


きれいにカットできました。

DSC_1240.JPG


3本の足を塗装します。

DSC_1244.JPG


天板を裏返してバランスの良い位置に足を取り付けます。

DSC_1245.JPG


完成です。
DSC_1247.JPG


DSC_1248.JPG


お客様のお宅に納品しました。

DSC_0713.JPG


DSC_0714.JPG


DSC_0716.JPG


DSC_0717.JPG


DSC_0718.JPG


DSC_0719.JPG


お手持ちの椅子は肘掛をテーブルにかける事が出来ます。

DSC_0720.JPG


DSC_0722.JPG


次はデスク&チェアです。


デスクに天板を取り付け、チェアに塗装をして、座面を付けて完成です。

まずはデスクをショールームにて、

DSC_0729.JPG


DSC_0730.JPG


DSC_0731.JPG


引出を引き出したところ

DSC_0733.JPG


DSC_0734.JPG


後ろ側はこんな感じです。

DSC_0736.JPG


DSC_0737.JPG


チェアです。

DSC_0738.JPG


DSC_0739.JPG


DSC_0740.JPG


DSC_0741.JPG


デスクの前にチェアを置いてみました。

DSC_0743.JPG


DSC_0745.JPGDSC_0746.JPG


DSC_0747.JPG


DSC_0749.JPG


お客様のお宅に納品しました。

DSC_0751.JPG


DSC_0752.JPG


整体をされるお部屋の事務デスク&チェアです。

DSC_0753.JPG



DSC_0754.JPG


女性専門の整体です。整体師の方も女性なので安心です。

最後にダイニングチェアです。


デスク&チェアのチェアとほとんど同じなので過程は割愛します。


椅子①.JPG

栗のダッチプルテーブルと合わせてみました。
椅子④.JPG


ベンチに置いたクッションと同じ柄です。

椅子②.JPG


ショールームでご覧いただけます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

デスク&チェアその② [製作過程]

デスク&チェア続きです。

デスクの脚部分の塗装を先にしました。
接着剤の付く部分にはマスキングをして塗料は塗りません。
DSC_1238.JPG

DSC_1239.JPG

引出用のスライドレールを付け、組み立てます。
DSC_1261.JPG

ほぞ穴に接着剤とドミノチップを入れます。
DSC_1262.JPG

組み立てて、クランプで圧着しました。
DSC_1263.JPG

圧着後クランプを外し、仕切り板を取り付けます。
DSC_1264.JPG

引出の入る内寸を測り、引出しの中箱を組み立てます。
DSC_1266.JPG

次に天板をはいでゆきます。
5枚接ぎの板の内、まず2枚と、3枚を接ぎ合わせます。
ビスケットの穴に接着剤とビスケットを入れてゆきます。
DSC_1267.JPG

組立機で同時に圧着。
DSC_1268.JPG

引出の中箱にスライドレールのインナーレールを付けて仕込みます。
DSC_1269.JPG

引出の面材の板とつまみを塗装します。
DSC_1271.JPG

2枚接ぎの板と3枚接ぎの板を同じように接ぎ合わせます。
DSC_1274.JPG

DSC_1275.JPG

引出の面材を中箱の前板に取り付けます。
DSC_1276.JPG

完全スライドレールです。
DSC_1278.JPG

天板の仕上げをします。
DSC_1279.JPG

塗装はベーシックオイルとグロスオイルの重ね塗りです。
DSC_1280.JPG

次にチェアです。
座面の生地貼りが出来てきたので、仮組をしました。
まだ、脚や背もたれは成形していません。
DSC_1281.JPG

脚と背もたれを成形し、面取り、サンディングをして組み立てます。
DSC_1283.JPG

ほぞ穴に接着剤と手作りのドミノチップ、ダボを入れます。
DSC_1284.JPG

後脚を組み立てました。
DSC_1286.JPG

前脚も同じように組み立てます。
DSC_1282.JPG

後脚と前脚を無垢板でつなぎます。
DSC_1302.JPG

DSC_1303.JPG

DSC_1304.JPG

もうすぐ完成です。


変型テーブルその② [製作過程]

ずいぶん間が空いてしまいましたが、変型テーブルの製作過程の続きです。

天板を接ぎ合わせます。
まず、2枚づつ2組接ぎ合わせます。
厚みが3㎝なので、2列でビスケットを入れます。
IMG_5173.JPG

プレスで圧着します。
マスキングテープを貼ってあるところが接ぎ目です。
IMG_5174.JPG

次に2枚接ぎのできた板1組にもう1枚接ぎ合わせます。
IMG_5176.JPG

最後に2枚接ぎの板と3枚接ぎの板を接ぎ合わせます。
IMG_5177.JPG

天板の裏に反り止め用の溝を彫ります。
深い溝を2列彫った後に
IMG_5181.JPG

浅い溝を彫ります。
IMG_5183.JPG

天板を形に切り出します。
ある程度ジグソーやバンドソーで荒切りした物に型板を合わせてルーターで余分なところを切り取ってゆきます。
IMG_5184.JPG
IMG_5186.JPG

面取りとサンディングをして天板の成形が終わりました。
IMG_5198.JPG

IMG_5199.JPG

IMG_5201.JPG

次は足です。
天板に付く桟に補強板の入るほぞ穴を2段に彫ります。
IMG_5178.JPG

次に脚の入るほぞ穴をこれも2段に彫ります。

IMG_5179.JPG

3つの桟にほぞ穴を掘り終わりました。
IMG_5180.JPG

脚にも補強板の入るほぞ穴を掘ります。
IMG_5192.JPG

IMG_5193.JPG

ホゾの太さを調整しながら、足を仮組みしました。
IMG_5195.JPG

IMG_5194.JPG

仮組みの終わった足はセットにしておきます。
IMG_5196.JPG

割くさびの加工をして、足を本組しました。
クサビを打ち込んで1日圧着します。
IMG_5205.JPG

もうすぐ完成です。

変型テーブルその①&デスク&チェアその①&ダイニングチェアその① [製作過程]

今製作中の家具の製作過程です。

今作っているのは、


変型の3本足テーブル お客様よりのご注文です。
クラウムテーブル.jpg

デスク&チェア こちらもお客様よりのご注文です。
デスク&チェアイメージ図新.jpg

ダイニングチェア4脚 
上記の椅子を作るのに1脚ではもったいないのでこの座面が4脚分あるのでついでに作ります。
dining12.jpg
写真のチェアはタモですが、今回は栗で作ります。

全て樹種は栗で作ります。
なので木取りはすべて同時に行いました。
IMG_5072.JPG

木取りが終わって、少しづつ厚みに削ってゆきます。
IMG_5073.JPG

IMG_5074.JPG

IMG_5075.JPG

ある程度厚みをそろえた時点で、まずデスクの足部分を製作します。

組立用のホゾ穴をあけて、ドミノチップを使用して両側の足を仮組します。
IMG_5103.JPG

足をつなぐためのドミノチップを入れて、
IMG_5104.JPG

引出の入る部分を仮組みします。
IMG_5105.JPG

IMG_5106.JPG

足部分の仮組みが出来ました。
IMG_5108.JPG

IMG_5109.JPG

狩り組の次は足の成形をします。
まず成形した足を接着剤を使用して組み立てます。
IMG_5150.JPG

IMG_5151.JPG

両側の足が組み上がりました。
IMG_5152.JPG

次にチェアです。
デスク&チェアのチェアとダイニングチェアは実は同じデザインです。
ですが、ご注文のチェアは座面の位置が通常の物より上に付けます。
その分足の長さも短くします。
お客様の体格に合わせた仕様です。
白鳥様チェア.jpg

前足に幕板を付けるためのほぞ穴を掘ります。
IMG_5119.JPG

次に後足にもほぞ穴を掘ります。
IMG_5120.JPG

背もたれの笠木がつくほぞ穴を掘ります。
IMG_5125.JPG

ホゾ同士がぶつかる箇所の一方はダボ穴をあけます。
IMG_5133.JPG

幕板にもほぞ穴を掘ります。
IMG_5127.JPG

幕板にもダボ穴をあけます。
IMG_5134.JPG

笠木にもほぞ穴を掘ります。
IMG_5135.JPG

全てのほぞ穴とダボ穴をあけ終わりました。
IMG_5138.JPG

IMG_5139.JPG

チェアの加工をしている間に、
外注でお願いしていた変型テーブルの足のスピンドル加工が出来上がってきました。
3本足ですが、4本づつあります。
1組はほぞ穴加工のサンプル用です。
IMG_5126.JPG

天板の材料です。
IMG_5137.JPG

天板の形の型板を作ります。
MDF合板に5㎝角の升目を書き、天板の形を写し取ってゆきます。
IMG_5155.JPG

切り抜いて型板の完成です。
卵型でもなく、アサリの貝殻のような形です。
IMG_5156.JPG

型板に合わせて板接ぎのサネの位置を決めます。
天板を切り抜いた時にサネが見えないようにするためです。

たまっていた製作過程を一気にアップしました。
次は家具の種類別にアップします。




ウォールナットのディスプレイテーブルその④ [製作過程]

塗装の済んだ引出の面材を引出の箱に取り付けます。
IMG_4999.JPG

取っ手は面材の下端に彫り込んでいます。
IMG_5001.JPG

天板に2回目の塗装をしました。
IMG_5002.JPG

本体に天板を取り付けます。
IMG_5005.JPG

引出を入れ、ガラスを乗せて完成です。
IMG_5006.JPG

IMG_5007.JPG

IMG_5008.JPG

ショールームで撮影しました。
IMG_5017.JPG

IMG_5012.JPG

IMG_5013.JPG

ガラスの下に造花を飾ってみました。
IMG_5018.JPG

IMG_5019.JPG


ウォールナットのディスプレイテーブルその③ [製作過程]

ようやくディスプレイテーブルの続きです。

天板の枠にガラスの欠き込みと底板の欠き込み、組立の為のドミノの穴を切って狩り組みします。
IMG_4971.JPG

本組みします。
IMG_4972.JPG

接着剤を入れドミノチップを差し込みます。

天板は6㎝と厚いので2枚ホゾです。
IMG_4974.JPG

クランプで圧着します。
IMG_4975.JPG

引出も組み立てました。
IMG_4976.JPG

圧着が終わった天板のガラスが入る溝を整えて、サンディングと面取りします。
IMG_4990.JPG

その後天板に1回目の塗装をします。
IMG_4992.JPG

足部分もサンディングと面取りをして塗装します。
IMG_4991.JPG

天板の底板と引出の前板も塗装します。
IMG_4993.JPG

引出の中箱のサンディングと面取りも終わりました。
IMG_4994.JPG

もうすぐ完成です。

山桜のダイニングテーブルその④ [製作過程]

足の部分を組み立てます。
IMG_4933.JPG

IMG_4938.JPG


天板に付く桟のホゾ穴には手製の大きなドミノが入ります。
2枚ホゾになっています。
IMG_4940.JPG

IMG_4939.JPG

擦り桟との接合は割くさびホゾです。
IMG_4941.JPG

IMG_4936.JPG

IMG_4937.JPG

天板のサンディングと面取りをしました。
IMG_4946.JPG

1回目のオイル塗装をします。
プラネットジャパンのベーシッククリアオイルです。
IMG_4948.JPG

IMG_4949.JPG

組み上がった足の割くさびホゾの飛び出した部分を切り取り、サンディングと面取りをしました。
IMG_4947.JPG

天板と組み立てる前に足も塗装します。
IMG_4950.JPG

IMG_4951.JPG

塗装が終わった天板と足を組み立てます。
貫板と足の接合も割くさびホゾです。
IMG_4953.JPG

IMG_4954.JPG

最後に飛び出ている割くさびを切り、サンディングをして、
IMG_4960.JPG

天板に2回目に塗装としました。
今度はグロスクリアオイルです。
IMG_4961.JPG

割くさび部分にも塗装をして乾燥させれば完成です。
IMG_4962.JPG

お客様のお宅に納品しました。
DSC_0688.jpg

ウッディな内装の新築のおうちによくマッチしています。
ベンチチェストともぴったりです。

山桜のダイニングテーブルその③ [製作過程]

天板の部材を最終的な厚みの35㎜にそろえて、最後の板接ぎです。


両端に来る材を接ぎ合わせます。
IMG_4907.JPG

接着剤、ビスケットを入れてプレスで1昼夜圧着します。
IMG_4908.JPG

脚部分のホゾも切りました。
IMG_4909.JPG

IMG_4910.JPG

接ぎ合わせた天板を指定の大きさにテーブルソーで切ります。
巾に切ってから、長さに切ります。
片側をまっすぐにカットしてから、
IMG_4925.JPG

もう片側をカットします。
IMG_4926.JPG

大きさにカットできました。
こちらは裏側です。
ここに反り止めを兼ねたアリホゾを切ってゆきます。
IMG_4927.JPG

ルーターでホゾ溝を切ってゆきます。
IMG_4929.JPG

足がつく箇所2か所切ります。
IMG_4928.JPG

IMG_4930.JPG

ホゾ溝が切れました。

山桜のダイニングテーブルその② [製作過程]

部材を指定の厚みに近づけてゆきます。

天板用の材を並べてみました。
IMG_4865.JPG

IMG_4866.JPG

IMG_4867.JPG

厚みはまだ38㎜程です。
6枚接ぎになる予定です。

天板以外の部材も削っていっています。
IMG_4868.JPG

天板を少しづつ接いでゆきます。

まず2まいづつ、2組の板を接ぎ合わせます。
IMG_4869.JPG

接ぎ口にはサネ用のビスケット(専用の木片)を入れるための溝を切ってあります。
天板が厚いのでダブルで入れます。

接ぎ口の片側には水をもう片側には接着剤を塗り、
ビスケットが入る穴に接着剤を入れ、ビスケットを入れてゆきます。
IMG_4870.JPG

プレスで圧着させます。
IMG_4871.JPG

1昼夜圧着した後、2枚接ぎの板を同じように接ぎ合わせます。
IMG_4884.JPG

これでまだ4枚接ぎの状態です。
IMG_4885.JPG

圧着している間に脚の加工をします。

足と天版に突く桟を組み立てる用のほぞ穴を掘ってゆきます。
IMG_4886.JPG

天板に付く桟にもホゾ穴を掘ります。
IMG_4887.JPG

ここにもダブルでホゾが入ります。
IMG_4888.JPG

床に付く擦り桟にもホゾ穴を開けます。
IMG_4889.JPG

足に貫板が入るためのほぞ穴を開けます。
IMG_4890.JPG

これらには割くさび用のホゾが入るので、

大きめのホゾ穴をテーパーを付けて掘ります。

だんだん加工が進んできました。

山桜の板足ダイニングテーブルその① [製作過程]

ウォールナットのディスプレイテーブルと平行して、山桜のダイニングテーブルの製作過程です。

天板の厚み35㎜のダイニングテーブルを作ります。
山桜ダイニングテーブルイメージ耳無③.jpg

シンプルな板足のテーブルです。

材料となる山桜の荒材です。
IMG_4818.JPG

全体的に厚い材です。
赤みのある節の少ない良い材です。

部材となる材料をだいたいの長さに取る木取りを行います。
IMG_4819.JPG

何日も時間をかけて指定の厚みにそろえてゆきます。
IMG_4821.JPG

少し削っては寝かせて様子をみます。
無垢材は一度に削ってしまうと、反りが出てしまうことがあるので、削った材が環境になじむまで寝かせるのです。
メッセージを送る