So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

デスク&チェアその② [製作過程]

デスク&チェア続きです。

デスクの脚部分の塗装を先にしました。
接着剤の付く部分にはマスキングをして塗料は塗りません。
DSC_1238.JPG

DSC_1239.JPG

引出用のスライドレールを付け、組み立てます。
DSC_1261.JPG

ほぞ穴に接着剤とドミノチップを入れます。
DSC_1262.JPG

組み立てて、クランプで圧着しました。
DSC_1263.JPG

圧着後クランプを外し、仕切り板を取り付けます。
DSC_1264.JPG

引出の入る内寸を測り、引出しの中箱を組み立てます。
DSC_1266.JPG

次に天板をはいでゆきます。
5枚接ぎの板の内、まず2枚と、3枚を接ぎ合わせます。
ビスケットの穴に接着剤とビスケットを入れてゆきます。
DSC_1267.JPG

組立機で同時に圧着。
DSC_1268.JPG

引出の中箱にスライドレールのインナーレールを付けて仕込みます。
DSC_1269.JPG

引出の面材の板とつまみを塗装します。
DSC_1271.JPG

2枚接ぎの板と3枚接ぎの板を同じように接ぎ合わせます。
DSC_1274.JPG

DSC_1275.JPG

引出の面材を中箱の前板に取り付けます。
DSC_1276.JPG

完全スライドレールです。
DSC_1278.JPG

天板の仕上げをします。
DSC_1279.JPG

塗装はベーシックオイルとグロスオイルの重ね塗りです。
DSC_1280.JPG

次にチェアです。
座面の生地貼りが出来てきたので、仮組をしました。
まだ、脚や背もたれは成形していません。
DSC_1281.JPG

脚と背もたれを成形し、面取り、サンディングをして組み立てます。
DSC_1283.JPG

ほぞ穴に接着剤と手作りのドミノチップ、ダボを入れます。
DSC_1284.JPG

後脚を組み立てました。
DSC_1286.JPG

前脚も同じように組み立てます。
DSC_1282.JPG

後脚と前脚を無垢板でつなぎます。
DSC_1302.JPG

DSC_1303.JPG

DSC_1304.JPG

もうすぐ完成です。


変型テーブルその② [製作過程]

ずいぶん間が空いてしまいましたが、変型テーブルの製作過程の続きです。

天板を接ぎ合わせます。
まず、2枚づつ2組接ぎ合わせます。
厚みが3㎝なので、2列でビスケットを入れます。
IMG_5173.JPG

プレスで圧着します。
マスキングテープを貼ってあるところが接ぎ目です。
IMG_5174.JPG

次に2枚接ぎのできた板1組にもう1枚接ぎ合わせます。
IMG_5176.JPG

最後に2枚接ぎの板と3枚接ぎの板を接ぎ合わせます。
IMG_5177.JPG

天板の裏に反り止め用の溝を彫ります。
深い溝を2列彫った後に
IMG_5181.JPG

浅い溝を彫ります。
IMG_5183.JPG

天板を形に切り出します。
ある程度ジグソーやバンドソーで荒切りした物に型板を合わせてルーターで余分なところを切り取ってゆきます。
IMG_5184.JPG
IMG_5186.JPG

面取りとサンディングをして天板の成形が終わりました。
IMG_5198.JPG

IMG_5199.JPG

IMG_5201.JPG

次は足です。
天板に付く桟に補強板の入るほぞ穴を2段に彫ります。
IMG_5178.JPG

次に脚の入るほぞ穴をこれも2段に彫ります。

IMG_5179.JPG

3つの桟にほぞ穴を掘り終わりました。
IMG_5180.JPG

脚にも補強板の入るほぞ穴を掘ります。
IMG_5192.JPG

IMG_5193.JPG

ホゾの太さを調整しながら、足を仮組みしました。
IMG_5195.JPG

IMG_5194.JPG

仮組みの終わった足はセットにしておきます。
IMG_5196.JPG

割くさびの加工をして、足を本組しました。
クサビを打ち込んで1日圧着します。
IMG_5205.JPG

もうすぐ完成です。

変型テーブルその①&デスク&チェアその①&ダイニングチェアその① [製作過程]

今製作中の家具の製作過程です。

今作っているのは、


変型の3本足テーブル お客様よりのご注文です。
クラウムテーブル.jpg

デスク&チェア こちらもお客様よりのご注文です。
デスク&チェアイメージ図新.jpg

ダイニングチェア4脚 
上記の椅子を作るのに1脚ではもったいないのでこの座面が4脚分あるのでついでに作ります。
dining12.jpg
写真のチェアはタモですが、今回は栗で作ります。

全て樹種は栗で作ります。
なので木取りはすべて同時に行いました。
IMG_5072.JPG

木取りが終わって、少しづつ厚みに削ってゆきます。
IMG_5073.JPG

IMG_5074.JPG

IMG_5075.JPG

ある程度厚みをそろえた時点で、まずデスクの足部分を製作します。

組立用のホゾ穴をあけて、ドミノチップを使用して両側の足を仮組します。
IMG_5103.JPG

足をつなぐためのドミノチップを入れて、
IMG_5104.JPG

引出の入る部分を仮組みします。
IMG_5105.JPG

IMG_5106.JPG

足部分の仮組みが出来ました。
IMG_5108.JPG

IMG_5109.JPG

狩り組の次は足の成形をします。
まず成形した足を接着剤を使用して組み立てます。
IMG_5150.JPG

IMG_5151.JPG

両側の足が組み上がりました。
IMG_5152.JPG

次にチェアです。
デスク&チェアのチェアとダイニングチェアは実は同じデザインです。
ですが、ご注文のチェアは座面の位置が通常の物より上に付けます。
その分足の長さも短くします。
お客様の体格に合わせた仕様です。
白鳥様チェア.jpg

前足に幕板を付けるためのほぞ穴を掘ります。
IMG_5119.JPG

次に後足にもほぞ穴を掘ります。
IMG_5120.JPG

背もたれの笠木がつくほぞ穴を掘ります。
IMG_5125.JPG

ホゾ同士がぶつかる箇所の一方はダボ穴をあけます。
IMG_5133.JPG

幕板にもほぞ穴を掘ります。
IMG_5127.JPG

幕板にもダボ穴をあけます。
IMG_5134.JPG

笠木にもほぞ穴を掘ります。
IMG_5135.JPG

全てのほぞ穴とダボ穴をあけ終わりました。
IMG_5138.JPG

IMG_5139.JPG

チェアの加工をしている間に、
外注でお願いしていた変型テーブルの足のスピンドル加工が出来上がってきました。
3本足ですが、4本づつあります。
1組はほぞ穴加工のサンプル用です。
IMG_5126.JPG

天板の材料です。
IMG_5137.JPG

天板の形の型板を作ります。
MDF合板に5㎝角の升目を書き、天板の形を写し取ってゆきます。
IMG_5155.JPG

切り抜いて型板の完成です。
卵型でもなく、アサリの貝殻のような形です。
IMG_5156.JPG

型板に合わせて板接ぎのサネの位置を決めます。
天板を切り抜いた時にサネが見えないようにするためです。

たまっていた製作過程を一気にアップしました。
次は家具の種類別にアップします。




メッセージを送る