So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

山桜のダイニングテーブルその③ [製作過程]

天板の部材を最終的な厚みの35㎜にそろえて、最後の板接ぎです。


両端に来る材を接ぎ合わせます。
IMG_4907.JPG

接着剤、ビスケットを入れてプレスで1昼夜圧着します。
IMG_4908.JPG

脚部分のホゾも切りました。
IMG_4909.JPG

IMG_4910.JPG

接ぎ合わせた天板を指定の大きさにテーブルソーで切ります。
巾に切ってから、長さに切ります。
片側をまっすぐにカットしてから、
IMG_4925.JPG

もう片側をカットします。
IMG_4926.JPG

大きさにカットできました。
こちらは裏側です。
ここに反り止めを兼ねたアリホゾを切ってゆきます。
IMG_4927.JPG

ルーターでホゾ溝を切ってゆきます。
IMG_4929.JPG

足がつく箇所2か所切ります。
IMG_4928.JPG

IMG_4930.JPG

ホゾ溝が切れました。

山桜のダイニングテーブルその② [製作過程]

部材を指定の厚みに近づけてゆきます。

天板用の材を並べてみました。
IMG_4865.JPG

IMG_4866.JPG

IMG_4867.JPG

厚みはまだ38㎜程です。
6枚接ぎになる予定です。

天板以外の部材も削っていっています。
IMG_4868.JPG

天板を少しづつ接いでゆきます。

まず2まいづつ、2組の板を接ぎ合わせます。
IMG_4869.JPG

接ぎ口にはサネ用のビスケット(専用の木片)を入れるための溝を切ってあります。
天板が厚いのでダブルで入れます。

接ぎ口の片側には水をもう片側には接着剤を塗り、
ビスケットが入る穴に接着剤を入れ、ビスケットを入れてゆきます。
IMG_4870.JPG

プレスで圧着させます。
IMG_4871.JPG

1昼夜圧着した後、2枚接ぎの板を同じように接ぎ合わせます。
IMG_4884.JPG

これでまだ4枚接ぎの状態です。
IMG_4885.JPG

圧着している間に脚の加工をします。

足と天版に突く桟を組み立てる用のほぞ穴を掘ってゆきます。
IMG_4886.JPG

天板に付く桟にもホゾ穴を掘ります。
IMG_4887.JPG

ここにもダブルでホゾが入ります。
IMG_4888.JPG

床に付く擦り桟にもホゾ穴を開けます。
IMG_4889.JPG

足に貫板が入るためのほぞ穴を開けます。
IMG_4890.JPG

これらには割くさび用のホゾが入るので、

大きめのホゾ穴をテーパーを付けて掘ります。

だんだん加工が進んできました。

山桜の板足ダイニングテーブルその① [製作過程]

ウォールナットのディスプレイテーブルと平行して、山桜のダイニングテーブルの製作過程です。

天板の厚み35㎜のダイニングテーブルを作ります。
山桜ダイニングテーブルイメージ耳無③.jpg

シンプルな板足のテーブルです。

材料となる山桜の荒材です。
IMG_4818.JPG

全体的に厚い材です。
赤みのある節の少ない良い材です。

部材となる材料をだいたいの長さに取る木取りを行います。
IMG_4819.JPG

何日も時間をかけて指定の厚みにそろえてゆきます。
IMG_4821.JPG

少し削っては寝かせて様子をみます。
無垢材は一度に削ってしまうと、反りが出てしまうことがあるので、削った材が環境になじむまで寝かせるのです。

ウォールナットのディスプレイテーブルその② [製作過程]

製作過程の続きです。

何日にも分けて削り、厚みがそろった材を指定の巾と長さにそろえます。

引出の入る幕板を接ぎ合わせます。これはまだ長さに切っていません。
IMG_4825.JPG

クランプで一昼夜圧着します。
IMG_4824.JPG

長さにそろえて、全体を組むためのほぞ穴を開け、一度仮組みをしてみました。
IMG_4806.JPG

IMG_4807.JPG

前後の幕板と足を先に組み立てます。
足のほぞ穴に接着剤を入れ、ジョイントとなるドミノチップという木のチップを入れてゆきます。
IMG_4809.JPG

IMG_4810.JPG

引出しが入る方の前幕板のほぞ穴にも接着剤を入れ、足とつなげます。
IMG_4811.JPG

IMG_4812.JPG

クランプで締めて、はみ出した接着剤をふき取ります。
IMG_4813.JPG

後ろの幕板も同じように組立てます。
IMG_4815.JPG

一昼夜圧着します。
IMG_4816.JPG

引出のガイドを取り付け、仕切り板取り付け用のネジ穴を開けて、再度仮組みします。

本組みします。引出受けやガイドなど、見えない部分は集成材を使用しています。
IMG_4826.JPG

ほぞ穴に接着剤を入れ、ドミノチップを差し込み、前後をつなぐ部材(側板になる幕板、引出受けなど)のほぞ穴に接着剤を入れ差し込みクランプをかけます。
IMG_4827.JPG

IMG_4828.JPG

これでまた一昼夜圧着します。
あとは天板と引出です。


ウォールナットのディスプレイテーブル① [製作過程]

今回はガラスを使ったディスプレイテーブルの製作過程です。

このようなリビングテーブルの大きさのテーブルです。
ディスプレイテーブル50角足①.jpg
引出がついています。
ディスプレイテーブル50角足②.jpg

樹種はウォールナット。天板のサイズは400×900と細長い天板に
これまた細長いガラスがのります。

早速ウォールナットの荒材から部材となる材の木取りをします。
ウォールナット⑨.JPG

木取りが出来た材です。
これから指定の厚みにそろえてゆきます。
ウォールナット⑥.JPG

だんだん指定の厚みに近づいててきました。
ウォールナット⑧.JPG

天板の厚みは60㎜です。
厚い材は高価になってしまうので、2枚の板を60㎜になるように貼り合わせます。
ウォールナット⑤.JPG

ウォールナット④.JPG

ウォールナット⑦.JPG

1晩圧着してクランプを外します。
ウォールナット②.JPGウォールナット③.JPG

ウォールナット以外の部材も揃えて、これですべての部材が取れました。
ウォールナット⑩.JPG

まだ、厚みは揃えていません。
一度に削ってしまうと反りや狂いが出てしまう恐れがあるので、
しばらく材を環境に慣らしてゆきます。

注文したガラスが届くのを待ってまた、加工を再開する予定です。


メッセージを送る