So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

庭木が家具になるまでーその㉓ 今回の家具作りで生まれた物 [想いを形に]

ずいぶん時間が開いてしまいましたが、この物語もこの記事で最後です。

お客様にお作りした家具たちの中で新しいデザインはスツールです。
IMG_3371.JPG

せっかくなのでこのスツールを木槌の定番家具にしたいと思い、
よく使う栗と桜で作ってみました。

アクセントに座面にウォールナットを挟んでみました。
高さは40㎝、他は肉桂と柿のスツールと同じです。
同じデザインでも樹種の違いでこうも違うんですね。
CrZwZCUW8AAkwbq.jpg

CrZwZCUXYAEId97.jpg

こちらが桜
CrZwZCWWIAALnQv.jpg

こちらが栗
CrZwZGcXgAAmymY.jpg

ショールームでご覧いただけます。

最後に、おまけのお話。

この庭木の家具のお話を頂いた時と時を同じくして、
他のお客様より伐採した庭木をいくつかいただきました。
エノキやケヤキ、桜、ナラなどです。
材木に挽いたのもありますが、他はほとんど薪にしました。
その中で程よい大きさの丸太を選びキノコの原木栽培をする事に。

エノキがあるので、エノキタケの駒菌を買って打ち込みました。
エノキの栽培に適した木はエノキ、ケヤキ、桜、ナラ、そして柿などです。

柿の細い丸太が残っています。
これに打ち込んでみることにしました。

原木栽培には、本当はその年の春までに伐採したばかりの丸太を使います。
しかし柿は何年も倉庫に眠っていました。
乾燥しすぎかもしれません。
きのこがうまくできないかも・・・

今秋、エノキタケがいっぱい捕れました。
IMG_3840.JPG

IMG_3841.JPG

IMG_3334.JPG

IMG_3335.JPG

IMG_3336.JPG

心配していた柿の丸太からも少量ですがエノキタケが生えました。
DSC_0817.JPG

本格的な収穫は2年目の秋からなので、来年はもっと期待できるかもしれません。

これで今回の物語は終わりです。
読んでくださって感謝します。
ありがとうございました。


メッセージを送る