So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

庭木が家具になるまでーその㉒ お客様の感想 [想いを形に]

お客様より、納品日を含め、何度かに分けて、写真と共にお使いの感想を送って頂きました。

以下はほぼ、いただいたご感想そのままです。

サイドテーブルもテーブル&スツールも…
あまりに美しい木目と絶妙な色味のなすハーモニーが、
何とも言えない味わい深さを、
そして温かみを醸し出しているように感じました。
納品⑬.jpg

製作時の様々なお話を伺いまして、
きっと、田中さんご夫妻の製作に掛ける真心からの想いが、この家具たちに
このような温もりと美しさを下さったのではないかと思いました…。

祖父、そして父の大切に守って来ました庭木たちが、
このような形で家に戻り、また、私たちが家族皆で大切に使ってゆける…
そう考えますと本当に感慨深く、
また、このような奇跡に心より感謝の思いでいっぱいです…。

今夜は、家族全員で、妹の部屋に集まり、さっそくテーブルを囲み祝賀会となりました!
実際、使ってみますと、テーブルもスツールも大変に使いやすく…
また、手触りも座り心地も、とても温かく、優しく、心地良い感じがしました。
料理③.jpg

料理②.jpg

以前より使っていたかのように、しっくりとその場に馴染んでおりまして…
やはり、私達の成長と共に慣れ親しんだ庭木だからでしょうか…
感慨ひとしおでございます。
料理①.jpg

料理⑤.jpg

野菜の盛り合わせは、堀川さんに作って頂いたサラダボウルを使ってみました。
箸と取り皿等々もセットしてみました。
テーブルとも素敵にマッチしています。
料理④.jpg

家具の方は、大変に心地よく使わせて頂いております。
毎週末には、妹の部屋で共に食卓を囲み夕食を楽しんでおります。
私は、作って頂いたスツールに腰掛け食事をしているのですが、
あまりに座り心地が良く、なかなか腰が上がらず、お酒が進んでしまいまして…、
これは、いかがなものか…⁈と、頭を悩ませております…笑

このよな数々のお誉めの言葉をいただき、
この仕事を引き受けて本当に良かったと改めて思いました。

庭木から家具を作るという事は、
普段仕入れしている製材した材料から作るのとは全く違っていました。
まず、材料が限られています。
堀川さんもおっしゃられていましたが、失敗すると取り返しがつかないので、
刃物を材に入れる時は大変緊張します。
他の材料なら、また新しい材を用意すればよいのですから。

また、少しでも無駄にしないように最大限の木取りで出来るようデザインにも気を配りました。

お客様の深い想いを形にする事が出来て、そしてお客様に喜んでいただけて、
本当に良かった、という安堵と感激でいっぱいです。

もちろん、普通にご注文品を作る時も、お客様の事を第一に考えています。
これからも、同じように家具を作っていきたいと思っています。

今回の家具作りで生まれた物、 に続く


庭木が家具になるまでーその㉑ 庭木の思い出 [想いを形に]

納品の後、お客様に庭木がまだお庭に立っていた頃の写真を見せていただきました。
以下は写真を写した物です。

お客様が生まれる以前よりずっとそこにあった木たち。
お祖父様が植樹されたとか、、、

大きな肉桂の木
IMG_3501.JPG

3階建ての建物より高いですね。

IMG_3509.JPG

子供の頃によく木登りをされたそうです。

そしてこれまた大きな柿の木
IMG_3514.JPG

IMG_3516.JPG

甘柿で、秋には沢山の実が成っていました。
IMG_3505.JPG

IMG_3506.JPG

IMG_3507.JPG

IMG_3513.JPG

器類になったザクロ
IMG_3510.JPG
花が咲いているのがわかります。

お客様にとって大切な思い出がたくさん詰まった庭木たち、
お家の建て替えで伐採してしまうことになり、長野にトラックで運ばれる時は、
寂しくて手を振って見送られたそうです。

猫ちゃんが木登りをされていた写真も送って頂きました。
CIMG0723.JPG

CIMG0725.JPG

これらの庭木たちが家具や小物になってお客様の元に帰って来たのです。
DSC_0196.JPG

お家にいた他の猫ちゃんを見せていただきました。
IMG_3684猫.jpg

リードを付けて散歩に行かれるそうです。

そして現在のお庭の様子です。
IMG_3521.JPG

IMG_3519.JPG

以前の庭の名残がところどころ残っています。

数多くの家具を作ってきましたが、庭木でここまで本格的な家具を作らせていただいたのは初めてです。
私たちにとってもとても思い出深い仕事になりました。

お客様からのご感想、 に続く


庭木が家具になるまでーその⑳ 納品 [想いを形に]

7月の終わりごろ、納品の前日に庭木の保管場所だった
ロジテックの有賀さんが完成した家具を見に来られました。
息子さんがどうなったかとても心配されていたようです。
写真を撮って行かれ東京の息子さんに送ると言っておられました。

さて納品の日です。
テーブルは分解すると反り止めがなくなってしまうので、
車に積み込む直前に分解します。

すべてを積み込んで東京のお客様のお宅に出発。
その日はとても暑い日でした。

午後2時頃気温もピークです。
お客様のお宅に到着です。
家の前に車を止め、いったん家具類を降ろしてから、
離れた場所の駐車場に車を停めに行きました。

納品場所のリビングは2階なので、2階に運び込みます。
分解してあるので狭い階段も楽に運べました。

早速テーブルを組み立てます。
写真はお客様が撮ってくださいました。

天板を裏向きに置き、横で脚を組み上げます。
納品①.jpg

組み上げた脚をひっくり返し、天板のアリ溝にハンマーで打ち込んでゆきます。
納品②.jpg

納品③.jpg

最後はハンマーだけでは硬いので、クランプを使って締めあげてゆきます。
納品④.jpg

納品⑤.jpg

最後まで入れ込み、アリ溝の入り口に木で作った栓をねじ止めします。
1.jpg

4.jpg

2.jpg

3.jpg

テーブルをひっくり返して立たせます。
納品⑨.jpg

貫板にコミ栓をしっかり入れ込みテーブルの組立終わりです。
納品⑫.jpg

スツールを添えて完成です。
納品⑬.jpg

dining_45-16.jpg

dining_45-17.jpg

まだ使っていないというザクロや柿の小物をテーブルに並べさせてもらい写真を撮らせていただきました。
DSC_0196.JPG

サイドテーブルはソファーの横に。
DSC_0192.JPG

DSC_0193.JPG

DSC_0194.JPG

結局つまみは実際にお客様の前で付けてみて、一番小さい物に決まりました。

庭木の思い出、に続く

メッセージを送る