So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

庭木が家具になるまでーその⑲ ショールームでの撮影 [想いを形に]

完成した家具の足裏すべてにフェルトを貼り、
ショールームで撮影をしました。

まずは一番最初に完成したスツールから、
IMG_3370.JPG

IMG_3371.JPG

DSC_0183.JPG

最初のデザインよりも座面は少し大きめです。
座面は柿の間に肉桂が一筋入っています。
IMG_3375.JPG

黒柿の部分もところどころあり、2脚とも個性があります。
IMG_3372.JPG

IMG_3373.JPG

DSC_0173.JPG

DSC_0174.JPG

DSC_0179.JPG

DSC_0176.JPG

DSC_0175.JPG

DSC_0180.JPG

脚部分は柿だけで作ってあります。
DSC_0182.JPG

DSC_0177.JPG


次はダイニングテーブル
dining_45-05.JPG

dining_45-04.JPG

dining_45-03.JPG

スツールとは反対に天板の巾が少し狭くなってしまいました。
dining_45-01.JPG

他の材ならもう一枚接ぎ合わせて巾をご希望通りに仕上げるのですが、
限られた材料なので仕方ありません。

肉桂の老けた部分も使用しなければ、ダイニングテーブルはできませんでした。
肉桂だけでは足りずに柿も2枚接ぎ合わせていますが、
これが良いアクセントになっています。
dining_45-02.JPG

木目のつながりも良い感じに仕上がっていると思いますがどうでしょうか。

脚の部分も柿と肉桂で作りました。
dining_45-11.JPG

反り止めの入るホゾには栓がしてあります。
dining_45-10.JPG

ダイニングテーブルにスツールを合わせてみました。
dining_45-06.JPG

dining_45-09.JPG

高さもちょうどよく、スツールはとても座り心地も良いです。

最後はサイドテーブルです。
こちらは天板が肉桂、脚が柿です。
living_14 -01.JPG

living_14 -02.JPG

living_14 -03.JPG

living_14 -04.JPG

living_14 -05.JPG

やはり肉桂の材の長さが足りず、最初のデザインよりも奥行きが短くなってしまいました。

引出のつまみは一番小さい物を付けて撮影しました。
つまみのネジの大きさが同じなので、気分で他のつまみに付け替える事も可能です。

全部並べて一緒に写真を撮ってみました。
dining_45-15.JPG

あの倉庫に眠っていた丸太がこのような家具に生まれ変わるとは!

納品の日が楽しみです。

納品、に続く

庭木が家具になるまでーその⑱ 完成へ [想いを形に]

サイドテーブルの引出つまみがお客様より届きました。
ガラスで大きさの違う3種類のつまみです。
合う物を付けて欲しいとの事でした。
完成してから決めたいと思います」。

いよいよ脚本体の組立です。
IMG_3667.JPG

各パーツのホゾ穴に接着剤を塗り、木のチップやダボを差し込んでクランプで圧着させます。
IMG_3668.JPG

IMG_3669.JPG

サンデングをし、きれいにしました。
柿に黒いところがいいアクセントになっています。
IMG_3670.JPG

仮組をした引出を入れてみました。
ちょうどいい具合に納まりました。
IMG_3671.JPG

引出の上の部分の真ん中に桟があるので、引出しをいっぱい出しても前に傾きません。
DSC_0503.JPG

引出を組み立てます。
底板以外は柿で作りました。
IMG_3672.JPG

側板から前板と後板にネジ止めしたところは柿の木で作ったダボで埋めました。
IMG_3673.JPG

脚本体をプレポリマーで塗装しました。
IMG_3674.JPG

引出の余分なダボを切り落とし、サンディングをし、面取りをします。
IMG_3675.JPG

引出の最終的な調整をして、仕上がった天板を置いてみました。
IMG_3677.JPG

IMG_3678.JPG

引出の前板を塗装して、天板をねじ止めすれば完成です。

ショールームでの撮影、に続く

庭木が家具になるまでーその⑰ 製作過程⑦ [想いを形に]

脚を組む前にダイニングテーブルの天板を先に塗装しました。
完成まで反り止めを入れられないので、塗装する事で狂うのを少しでもなくすためです。
また、肉桂には思ったより老けの部分があったので、
早くプレポリマーを木に浸透させて、もろい部分を固めたかったからです。
スツールと同じように塗って、水研ぎを繰り返します。
肉桂は驚くほど塗料を吸い込んでゆきました。
IMG_3638.JPG

IMG_3639.JPG

その間に脚の組立です。
IMG_3641.JPG

上下桟のホズ穴に接着剤を塗り、ホゾ用の木片を入れ、そこに接着剤を塗り、
IMG_3644.JPG

脚部分のホゾ穴にも接着剤を塗り、
IMG_3643.JPG

クランプで締めつけます。
IMG_3645.JPG

IMG_3646.JPG

組み上がった脚や貫板も塗装をしました。
IMG_3655.JPG

これで残るはサイドテーブルのみとなりました。

まずは肉桂の天板を接ぎ合わせます。
4枚接ぎです。
板を並べてみました。
IMG_3647.JPG

2枚づつを接ぎ合わせ、出来た板をまた接ぎ合わせます。
IMG_3648.JPG

IMG_3654.JPG

引出の前板が入る幕板を作ります。
1枚の板を横と縦に切ってから、
IMG_3650.JPG

IMG_3651.JPG

前板分を取り除いて接着しなおします。
IMG_3653.JPG

手間がかかりますが、幕板の木目が繋がって美しく仕上がります。
IMG_3652.JPG

脚に幕板が入るホゾ穴をあけます。
IMG_3660.JPG

IMG_3661.JPG

同様に幕板にも脚や引出の受けとの接合のためのダボ穴やホゾ穴をあけます。
IMG_3659.JPG

IMG_3662.JPG

先細りの脚にするために脚の2面を斜めにカットします。
IMG_3663.JPG

両サイドの脚を組み立てました。
IMG_3666.JPG

天板をサンディング、面取りしました。
IMG_3656.JPG

天板を塗装しました。
つくづく肉桂という木は表情豊かな木だと思います。
IMG_3665.JPG

完成へ、に続く

庭木が家具になるまでーその⑯ 製作過程⑥ [想いを形に]

ダイニングテーブルの天板に反り止めの加工をします。
ルーターという機械に刃物を取り付けて、
天板に末広がりの形をしたアリ溝を彫ります。
IMG_3620.JPG

IMG_3619.JPG

IMG_3621.JPG

続いて溝を切った同じ刃物を使って、脚部分の上桟にアリホゾを切ります。
IMG_3622.JPG

溝もホゾも、若干奥に行くほど狭くなっているので上桟を天板に打ち込んだ時、
だんだんきつくなって、しっかりと固定できるようになっています。
DSC_0335.jpg

溝にホゾを入れてみました。
なかなか良いようです。
DSC_0336.jpg

反り止めの加工が終わったら、天板の成形に入ります。
4つ角に半径10cmのアールを取り、約9mmの面取りをしました。
ずいぶんと柔らかい感じになりました。
IMG_3627.JPG

IMG_3626.JPG

次に脚の上下桟に脚の部材とつなぐホゾ穴をあけます。
IMG_3628.JPG

脚の部材にも桟とつなぐためのほぞ穴と貫板を通すためのホゾ穴をあけます。
IMG_3629.JPG

上下の桟の左右をを斜め切りにして横長の台形に成形します。
IMG_3630.JPG

IMG_3632.JPG

脚の部材も斜め切りをし縦長の台形に成形します。
IMG_3637.JPG

貫板のホゾを作り、ホゾの先を半円に成形し、コミ栓用の穴をあけます。
IMG_3631.JPG

全ての部材がそろったので脚の組立前に仮組をしてみました。

組んだ脚の上桟のホゾをひっくり返した天板のほぞ溝に少しづつ左右同時に叩き込んでゆきます。
IMG_3633.JPG

最後はかなりきつめに打ち込まないと入らない固さに仕上がっていて、
丁度いい具合に納まりました。
IMG_3634.JPG

貫板にコミ栓を打ち込み、全体をしっかりと固定しました。
IMG_3635.JPG

ようやく全体像が見えてきました。
IMG_3636.JPG

製作過程⑦、に続く


庭木が家具になるまでーその⑮ 製作過程⑤ [想いを形に]

スツールの飛び出たホゾとくさびをのこぎりで切り落とします。
IMG_3600.JPG

IMG_3607.JPG

表面を滑らかにサンディングして、後は塗装です。
IMG_3609.JPG

塗料はプレポリマーです。
専用シンナーで希釈したプレポリマーを刷毛で塗ってゆきます。
木が塗料をどんどん吸い込みます。
これ以上吸い込まないというところまで塗ってゆきます。
時間が経ちすぎるとべとべとしてくるので、素早く塗り込みボロキレでふき取ります。
その後、専用シンナーをボロキレに付けて表面に残った塗料をきれいにふき取ります。
IMG_3611.JPG

木目が鮮やかに浮き出てきました。
このまま充分に乾燥させます。

乾燥したら#400の水研ぎペーパーで全体を研磨します。
そしてまた、乾かします。

もう一度専用シンナーで希釈したプレポリマーを塗り、
今度は#800の水研ぎペーパーで研磨。
最後にもう一度塗装して乾燥させれば完成です。

スツールの塗装の間にテーブルの天板の板接ぎをしました。
接ぐ板は全部で8枚です。
IMG_3582.JPG

まず、2枚づつ接ぎ合わます。
IMG_3602.JPG

IMG_3604.JPG

IMG_3605.JPG

IMG_3606.JPG

接ぎ合わせた4枚の板が出来ました。
肉桂の老けの部分が思ったより多く、
最終的な全体の巾は80cmを切ってしまいそうです。
IMG_3610.JPG

天板の木目や色合いなどを見ながら木を並べ替え、
一番左端の板を裏返し、ベストと思われる順番にしました。
IMG_3613.JPG

この並べ方が、木目のつながりがきれいだと思います。
これで決定です。
IMG_3612.JPG

2枚づつ接ぎ合わせます。
IMG_3614.JPG

IMG_3615.JPG

これで、40cm弱の巾の板になりました。
まだ、厚みは仕上がりサイズにしていません。
工房にある厚みに削る機械、自動カンナは巾60cmまで削る事ができます。

この板の厚みをそろえ、最後の接ぎでやっと1枚の板になりました。
IMG_3616.JPG

IMG_3617.JPG

余分な端を切り落とします。
IMG_3618.JPG

製作過程⑥、に続く



庭木が家具になるまでーその⑭ 製作過程④ [想いを形に]

小物が完成し、スツールを作っている間にも他の家具の木作りは進んでいます。
ダイニングテーブルの天板用の板を並べてみました。
木目や色を見ながら違和感のない並び方で接ぎ合わせたいと思っています。
IMG_3582.JPG

テーブルの脚の部材も幅広い材が無いので柿を接ぎ合わせました。
IMG_3583.JPG

さて、スツールの座面の面取り、サンディングが終わり、
いよいよ組立です。

脚のホゾ穴に接着剤を入れ、
IMG_3592.JPG

柿で作ったホゾの部材を
IMG_3593.JPG

打ち込みます。
IMG_3595.JPG

左右の脚部分の幕板にあいたホゾ穴と貫板のホゾ部分に接着剤を付けてつなぎ、
IMG_3596.JPG

脚のホゾと在他のホゾ穴に接着剤を付け、座板のホゾ穴にホゾ部分を差し込みます。
IMG_3597.JPG

いったん、プレス機を使ってしっかり奥まで入れ込みます。
IMG_3598.JPG

座板と貫板のホゾにクサビを打ち込みます。
IMG_3599.JPG

接着剤が固まるまで放置します。
IMG_3600.JPG

2脚上手く組み立てられました。もう少しで完成です。
IMG_3601.JPG


製作過程⑤、に続く
タグ:スツール

庭木が家具になるまで―その⑬ 小物の完成 [想いを形に]

6月27日 堀川さんより小物が完成したので届けていただきました。

ショールームのテーブルの上に並べてゆきます。

まず、

ザクロ サラダボウル 叩きノミ削り 漆塗り 4枚
IMG_3790.JPG

ザクロ 小判型小皿 叩きノミ削り 漆塗り 7枚
IMG_3789.JPG

ザクロ 小判型豆皿 叩きノミ削り 漆塗り 8枚
IMG_3791.JPG

ザクロ 丸小鉢 10cm ろくろ仕上げ 表鏡面仕上げ 裏象谷仕上げ 漆塗り 8枚
IMG_3801.JPG

ザクロ 丸小鉢 8cm ろくろ仕上げ 表鏡面仕上げ 裏象谷仕上げ 漆塗り 7枚
IMG_3795.JPG

ザクロ 丸小鉢 6.5cm ろくろ仕上げ 表鏡面仕上げ 裏象谷仕上げ 漆塗り 3枚
IMG_3798.JPG

ザクロ 丸皿 8.5cm ろくろ仕上げ 表鏡面仕上げ 裏象谷仕上げ 漆塗り 6枚
IMG_3793.JPG

ザクロ 丸皿 6.5cmろくろ仕上げ 表鏡面仕上げ 裏象谷仕上げ 漆塗り 6枚
IMG_3797.JPG

ザクロ 箸置 叩きノミ削り 裏象谷仕上げ 漆塗り 19個
IMG_3803.JPG

IMG_3802.JPG

柿 茶筒 ろくろ仕上げ 漆塗り 3個
IMG_3799.JPG

柿 箸立て ろくろ仕上げ 漆塗り 2個
IMG_3788.JPG

柿 蓋付き小物入れ ろくろ仕上げ 漆塗り 2個
IMG_3787.JPG

テーブルいっぱいに並びました。なんとも壮観です。
IMG_3783.JPG

堀川さんより、作ってみた感想をいただいています。

「珍しい木でデザイン、寸法を任され、楽しくできました。
お客様の大事な材料なので、なるべく沢山木取りをし、
なおかつ失敗が許されないので、そこは苦労しました。」

「ザクロは割れが多く巾が狭かったので、
サラダボウルはなるべく大きなサイズが取れる様に
割れを埋めたり手間がかかりました。」

「柿は乾燥の具合がよく、製材も良いところを木取ってもらえたので
きれいに仕上がりました。」

ここで堀川さん夫妻のご紹介です。

工房1046」の1046はご主人のお名前、敏郎(トシロウ)から。
とても陽気でおしゃべり好きで、お話ししていると時間があっという間に過ぎてゆきます。
シャイなご主人は顔出しNGとの事で後姿を撮らせていただきました。
IMG_3535.JPG

奥様もとても気さくな方で、おまけや手土産にお箸や山菜をいただきました。
IMG_3537.JPG

工房のこだわりは、
自分の家族が束としても安全に楽しく使いやすい物づくりと、
自分たちが材の購入から製材、仕上げ、漆塗りまでしている事です。

製作過程④、に続く





庭木が家具になるまで=その⑫ 製作過程③ [想いを形に]

スツールの座板の板を並べて置いてみました。
IMG_3566.JPG
なかなかいい感じです。
実際の寸法よりかなり大きめです。
より個性的に仕上げるために、あえて肉桂の巾も変えてみました。

接ぎ合わせる板の両側に溝を切りました。
IMG_3574.JPG

ここにビスケットという木のチップを入れて接ぎ合わせます。
IMG_3575.JPG

座板の半分づつを接ぎ合わせました。
IMG_3576.JPG

この巾でおおよその座板の形状を削り出した後、
IMG_3578.JPG

再度1枚の板に接ぎ合わせます。
IMG_3579.JPG

IMG_3580.JPG

接ぎ合わせた座板を3㎝の厚みにし、削って滑らかにします。
IMG_3581.JPG

脚のホゾが入る穴を開けます。
IMG_3584.JPG

IMG_3585.JPG

IMG_3586.JPG

下の写真の上が座面の裏、下が表のほぞ穴です。
表の穴の方が大きく、穴にテーパーが付いています。
IMG_3588.JPG

これはホゾにクサビを入れた時に、ホゾが拡がってしっかりと固定するためです。
IMG_3589.JPG

IMG_3590.JPG

IMG_3591.JPG

クサビの拡がる分の隙間を考慮して、あらかじめ穴にテーパーをつけておくのです。

小物の完成、に続く
タグ:スツール

庭木が家具になるまで=その⑪ 製作過程② [想いを形に]

6月、いよいよ本格的な製作が始まりました。
木取りはもうしてあるので、部材を手押しカンナや自動カンナをかけて必要な厚みにそろえてゆきます。

いっぺんに薄くしてしまうと、反ってしまった時に修正がきかないので、
日数をかけて少しづつ削ってゆきます。

去る4月2日にメールで細かい面取りなどの希望をお客様に打診していました。
下記のような図面です。
面取りの資料ダイニングテーブル.jpg

面取りの資料スツール.jpg

面取り資料サイドテーブル.jpg

サイドテーブル以外はまだ決まっていなかったので、製作に入るにあたり、ご希望を確認しました。
曲線の多いソファーに合わせて柔らかい感じにと、このようになりました。
肉桂テーブル.jpg

柿スツール.jpg

サイドテーブルは最初のデザインと変わっていません。
引出のつまみはお客様がお好みの物をご用意されることになりました。
サイドテーブルイメージ.jpg

まず先に部材の小さいスツールに取りかかります。

脚部分の両端を斜め切りにした後、座板、幕板との接合部分の穴の加工をします。
IMG_3779.JPG

IMG_3563.JPG

幕板にホゾ穴の加工をします。
IMG_3564.JPG

貫板にホゾの加工をします。
IMG_3565.JPG

各部材にサンドペーパーをかけ、滑らかにし、面取りをした後組み立てます。
IMG_3567.JPG

ほぞ穴とホゾに接着剤をいれます。
IMG_3568.JPG

IMG_3569.JPG

IMG_3570.JPG

クランプでしっかり締め付けます。
IMG_3571.JPG

接着剤が完全に乾くまで一昼夜そのままにします。
IMG_3572.JPG

製作過程③、に続く


タグ:スツール

庭木が家具になるまでーその⑩ 小物の見積り [想いを形に]

5月10日、茶筒用の柿も乾燥してきたので、ザクロと共に南木曽の堀川さんの所へ持って行きました。
IMG_3152.JPG

ザクロは長い板のままです。

とりあえず、お客様からのご希望の茶筒3個、サラダボウル、小皿数十枚、
などを含めて、どんな物がどれくらい作れるか見積もってもらう事になりました。
柿は堀川さんが乾燥具合を見極めてからでないと茶筒がいくつ取れるかわかりません。

5月30日、堀川さんから見積りが届きました。
茶筒は5個取れそう、他にサラダボウル4枚、丸小皿2サイズ12枚、
丸小鉢2サイズ18枚、小判型2サイズ小皿15枚、箸置き19個。
塗装はすべて漆塗りです。

茶筒は3個でよいなら残り2個分は箸立てや小物入れにできるそう。
すでに茶筒用の穴を開けているので、他の物への転用は無理との事でした。

すぐにお客様にどれをどれだけ作っていただくか、メールで伺いました。
6月6日、茶筒3個、箸立て、小物入れ各2個、他は見積り通りで、とご返答いただきました。
その旨を堀川さんにお伝えして、小物の製作依頼が完了しました。

製作過程②、に続く


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。