So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

ビーン型ダイニングセットその⑤ [製作過程]

ホゾ穴を開けたベンチの仮組をします。
IMG_5795.JPG

IMG_5796.JPG

脚はまだ四角いままです。

背もたれのスピンドルと笠木を組み立てます。
IMG_5797.JPG

クランプでしっかり圧着。
IMG_5798.JPG

脚を成形して、背もたれ用のホゾ穴を開けて組み立てます。
IMG_5803.JPG

左右の脚をまず組んで、
IMG_5804-40b98.jpg

幕板と背もたれでつなぎます。
IMG_5805.JPG

1晩圧着させたら、クランプを外して、こんな感じ。
IMG_5809.JPG

後、サンディング、残りの面取り、補強板を付けます。

さて、いよいよテーブルです。
まず脚を組み立てます。
IMG_5800.JPG

脚と幕板は3枚ホゾでしっかり接着。

IMG_5801.JPG

同じ物を2個作ります。
IMG_5802.JPG

補強板も一緒に仮組
IMG_5807.JPG

IMG_5808.JPG

結構がっしりしています。

次は天板を接ぎ合わせます。
写真を撮り忘れたので、接ぎ合わせ後の画像です。
IMG_5806.JPG

反り止めのアリ溝を彫ります。
IMG_5810.JPG

反り止めを入れてみます。
IMG_5811.JPG

IMG_5812.JPG

今度はビーン型に成形します。
余分な部分をジグソーで荒落としして、型板を裏からねじ止めし、ルーターで方に沿って削ります。
IMG_5813.JPG

IMG_5814.JPG

1回しか作らない物でも、型板を作ります。
結局その方がきれいにできます。

成形できました。裏面
IMG_5815.JPG

表面
IMG_5816.JPG

後はサンディングと面取りです。

完成間近、お楽しみに。


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ビーン型ダイニングセットその④ [製作過程]

椅子が組み上がりました。
IMG_5783.JPG

IMG_5784.JPG
まだ、脚は切っていません。

生地貼りの座面も出来上がっています。
IMG_5788-717e5.jpg
大きいのはベンチ用

脚を短く切って、塗装をします。
IMG_5785.JPG

オイルを塗るときれいな色が浮き上がってきます。
IMG_5786.JPG

IMG_5787.JPG

座面をつけて椅子の完成です。
IMG_5790.JPG

ショールームに置いてみました。
E6A485E5AD90-6a575.jpg

椅子の製作の合間にも他の作業は続きます。
テーブルやベンチの材の木作りをしてゆきます。
IMG_5789.JPG

IMG_5792.jpg

IMG_5789.JPG

テーブル天板用の型板です。
IMG_5791-34bb7.jpg

他にもテーブルの脚やベンチの後足、笠木の型板も作りました。
IMG_5794.JPG

早く完成させたいです。
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ビーン型ダイニングセットその③ [製作過程]

後足をバンドソーで切り出します。
IMG_5759.JPG

手作りの専用治具に固定し、面取り盤で成形します。
IMG_5761.JPG

4脚分の後足です。
IMG_5762.JPG

前足もテーパーをつけます。
IMG_5764.JPG

サンディングをして、
IMG_5766.JPG

面取りされた部材です。1脚分
IMG_5768-c645d.jpg

いよいよ組立です。
IMG_5769.JPG

まずは背もたれ部分から、
笠木と幕板に背もたれの曲木を付けます。
IMG_5770-534dd.jpg

接着剤もつけています。
防塵メガネは、接着剤が飛んで目に入らないためです。

後足のホゾ穴に接着剤と手作りのドミノチップを入れます。
IMG_5771.JPG

大きなドミノチップはサクラやミズメザクラのような硬い木で手作りしています。

組んだ背もたれをはめ込みます。
IMG_5772.JPG

IMG_5773.JPG

一旦クランプで圧着させます。
IMG_5774.JPG

接着剤がむにゅっと出てきます。

前足とつなぐホゾ穴にも接着剤とドミノチップを入れ、
IMG_5776.JPG

同じように組んだ前足にも、
IMG_5777.JPG

幕板をつなぎ、
IMG_5778.JPG

前足と組み合わせ、
IMG_5779.JPG

クランプで固定します。
IMG_5781-38667.jpg

IMG_5780-09d7c.jpg

とりあえず注文の2脚を組みました。
IMG_5782.JPG


おまけ

ツイッターを始めました。
よろしかったらご覧ください。
https://twitter.com/kagukobokizuchi


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ビーン型ダイニングセットその② [製作過程]

さて、ダイニングチェアの続きです。

後足の成形前に、幕板や笠木を組むためのほぞ穴を開けます。
型板をセットして、ルーターで彫ります。
IMG_5744.JPG

IMG_5745.JPG

このような穴があきます。
IMG_5746.JPG

IMG_5747.JPG

幕板と笠木には、スロットモ-タナイザーという機械でほぞ穴を彫ります。
IMG_5751.JPG

IMG_5750.JPG

脚にもほぞ穴を掘ります。
後足
IMG_5749.JPG

前足
IMG_5748.JPG

4脚分すべてのほぞ穴が彫れました。
IMG_5752.JPG

背もたれを成形します。
クランプに挟んで、面をとって行きます。
IMG_5754.JPG

すべての背もたれの成形が出来ました。
IMG_5755.JPG

幕板や笠木のホゾ穴と一致します。
IMG_5757.JPG

脚の成形前に仮組をしてちゃんと組立できるかチェックしました。
IMG_5758.JPG

脚や笠木を型どおり成形すれば、本番の組立です。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ビーン型ダイニングセット・キッチン作業台・メキシカンボウル洗面台・棚板、各その① [製作過程]

IMG_5723-d5861.jpg久しぶりに製作過程を書きます。
ビーン型ダイニングセット
ダイニングチェアの基本は木槌定番のコンフォートチェアですが、座面をテーブルに合わせた形にしてあります。
そして、高さ60㎝と低いテーブルに合わせて、椅子の座面高も30㎝にしてあります。
ダイニングセット.jpg
主材は山桜です。

キッチン作業台
C人大トップ作業台(キャスター無)タモ集成材棚1枚.jpg
主材は栗、底板・棚板はタモ集成材、天板は人工大理石

メキシカンボウル洗面台
洗面台イメージ図.jpg
天板は山桜
キャビネット本体はパイン集成材です。

棚板はメープルです。こちらは画像無。

洗面台、棚板の納期はまだ来年ですが、無垢材の木取りを先にやっておこうということで、4つ1度に製作過程に入ります。

荒材から必要な木取りをしてゆきます。
山桜と栗
丸鋸で切ってゆきます。
ダイニングチェアの注文は2脚ですが、ついでにもう2脚作るので、4脚分です。
IMG_5712.JPG

IMG_5713.JPG

こちらは棚板用のメープルです。
棚板の仕上がりの厚みは25㎜、巾は250㎜、長さは1800㎜です。
2枚接ぎにするので、4枚木取りました。
まだ厚みも厚いままですが、1枚でかなり重いです。
250㎜巾の棚板になるともっと重くなります。
棚受けも強度が必要ですね。
IMG_5714.JPG

ほとんどの部材が木取れました。
IMG_5296-c4d88.jpg

キッチン作業台を先に作ります。
底板と棚板はタモの集成材なので、無垢の部材は少ないです。
部材をそろえて、組手のドミノ穴を開けて、仮組をします。
IMG_5718.JPG

仮組が出来たら、本組です。
部材を並べて・・・ドミノチップと接着剤で組立ます。
IMG_5720.JPG

IMG_5721.JPG

IMG_5723-d5861.jpg

クランプで締めて圧着させます。
IMG_5724.JPG

この後、あまり写真を撮らなかったので、過程の画像が無いのですが、
補強板をつけ、面取り、サンディング、底板、棚板の作成、塗装をしました。
最後に、人工大理石の天板と、棚受、棚をつけて、完成したのがこちらです。
DSC_0227.jpg

DSC_0228-9bccf.jpg

アイアンの棚受けがおしゃれです。
DSC_0230.jpg

パンの調理台として、使用されるそうです。
下に発酵器を置くので、それが置ける大きさにしました。

次はダイニングセットにかかります。
山桜の部材。
IMG_5726.JPG

まず、初めに一番手間のかかるダイニングチェアです。
手間のかかるのは曲木の背もたれの部分。
どうやって曲げているかというと、薄い板を型にはめて張り合わせてゆくことで腰にフィットするあの形を作りだしています。

バンドソーである程度薄い板に挽いてゆきます。
IMG_5727.JPG

うすく挽いた板
IMG_5725.JPG

これを今度は自動カンナにかけて、1.5㎜の薄さまで落としてゆきます。

1.5㎜の板を8枚貼り合わせて12㎜の板にします。
接着面の片側には水を塗ります。
IMG_5734.JPG

もう片側には、接着剤を薄く塗り拡げ、板を重ねてゆきます。
IMG_5735.JPG

IMG_5736.JPG

これが背もたれの型です。背もたれ1脚分が出来ます。
IMG_5732.JPG

重ねた板を型に置いて、バキュームプレスのビニール袋の中に入れ、袋の口を閉じ、中の空気を抜きます。
IMG_5737.JPG

カーブのきつい部分は手で押さえながら、密着させます。
IMG_5738.JPG

空気が抜けたら、付きにくい部分をクランプで締めて一晩圧着させます。
IMG_5739.JPG

4脚作るので、この作業を4日間かけて繰り返します。
2脚分の背もたれ
IMG_5733.JPG

その間に他の作業をします。

椅子とベンチの座面下地を作ります。
合板で半分の型を作ります。
IMG_5729.JPG

この型に合わせて、下地用のMDF合板をくり抜きます。
周りをきれいにサンディングをして、下地の完成です。
IMG_5730-8397d.jpg

IMG_5731.JPG

この下地に椅子生地を専門業者さんに貼ってもらいます。

背もたれの曲木が終わり、成形に移ります。
両端と上下のいらない部分をカットし、中央で2つにカットします。
IMG_5741.JPG

IMG_5742.JPG

4脚分の背もたれ部分の完成です。
IMG_5743.JPG

まだまだ、ダイニングセットの部材はたくさんあります。
IMG_5740.JPG


おまけ

11月30日は僕の誕生日でした。
娘が好物のモンブランを作ってくれました。
これまで食べた中で最高のモンブラン!!
モンブラン.JPG
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。