So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

キッチンアイランドその④ [製作過程]

奥行きのある無垢の棚板を接ぎ合わせます。
IMG_5526.JPG

引き戸と引出棚の部材です。
ほぞ穴や組手加工を施しています。
IMG_5527.JPG

引き戸用の鏡板を塗装しておきます。
IMG_5528.JPG

引き戸の組立
IMG_5529.JPG

引き戸の段欠きをします。
IMG_5537.JPG

引出も組み立てます。
IMG_5531.JPG

棚と引出です。
IMG_5533.jpg

本体のサンディングや面取りをします。
IMG_5532-5c2d6.jpg

本体を塗装しました。
IMG_5534.jpg

IMG_5535.jpg

引き戸の取っ手を彫って
IMG_5536.jpg

棚にダボ用の溝を彫り、サンディングと面取りを終えました。
IMG_5539.jpg
塗装をします。
IMG_5540.JPG

ステンレスのトップに裏打ち用の合板を貼ります。
合板を切って順番通りに並べてうまく入るか確認します。
IMG_5538.JPG

接着剤をつけてプレスで圧着。
IMG_5543.JPG

IMG_5544-296aa.jpg

本体に棚ダボを打ち込みました。
IMG_5545-70124.jpg

引出を仕込みます。
IMG_5541.JPG

ケコミを取り付けました。
IMG_5546.JPG

タオル掛けも仮止めしてみました。
IMG_5550.JPG

引出のつまみとタオルかけはお客様より支給です。

圧着の済んだ天板を本体からねじ止めして完成です。
ステンレストップには保護シートが貼ったままです。
IMG_5552.JPG

棚板も入れてみました。
IMG_5553.JPG

IMG_5555.JPG

明日納品です。納品してから保護シートを外したいと思います。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

樹齢600年のブナの巨木 [つれづれ日記]

日曜日、娘の部活の演奏会を観に駒ケ根文化会館に行ってきました。
その後、夕飯に駒ケ根の明治亭のソースかつ丼を食べたいね。という話になり、夕飯まで時間があったので、ちょっとドライブに・・・

父の日なので「穂の香」というイートインのできるケーキ屋さんで大好物のモンブランを食べ、
中川村の運動公園へ向かいました。

河川敷のその公園は芝生以外何もなかったので、
近くの観光案内の地図に樹齢600のブナの巨木があるというので、そこへ行くことに。

そんなに遠くなさそうでしたが、地図だけではよくわからなかったし、JAが通り道だったのでとりあえずそこを目指してゆきました。

JAを過ぎて、看板もないし、どちらに行けばよいかわからなかったので、近くの人に道を聞きました。

車で15分ぐらいとのこと。

ちょっと迷いながらも、ようやく「ブナの巨木ここより100M」の看板を見つけました。

100m山道を登るのか、と覚悟しましたが、30mほど登ったところに忽然とそれは現われました。

IMG_5522.JPG

IMG_5523-dfad1.jpg

IMG_5524-33aef.jpg

周りは唐松ばかりの林です。
丸尾のブナというそうです。
立て看板を撮ってきました。
IMG_5525.JPG

記念撮影
IMG_5520-78946.jpg

ブナは漢字で橅と書きます。
他の字もありますが、木で無いと書いて橅(ブナ)
あんまりな名前です。
腐りやすく、狂いやすい。
杉やヒノキに比べれば、使いどころのなかったブナは、
木として認められてなかったようです。

でも曲げに強く、椅子の足などに重宝がられました。
木肌は白っぽく、木目もおとなしいですが、僕は好きな木です。
タグ:巨木 ブナ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キッチンアイランドその③ [製作過程]

棚板用のダボ穴をすべて開け、引き戸用の溝を彫り、サンディングをして、いよいよ組立ですが、本番前に手順を確認するうえで、仮組みをします。

ドミノチップを決められた位置に差し込んでゆきます。
IMG_5503.JPG

IMG_5504.JPG

底板に、左右を分ける縦仕切りをつけます。
IMG_5506.JPG

引出がある方の前後仕切りを縦仕切りに差し込みます。
IMG_5508-36055.jpg

反対側の縦仕切りを差し込みます。
IMG_5509.JPG

天板を差し込みます。
IMG_5510.JPG

引出下の横仕切りを差し込みます。
IMG_5511.JPG

引出側の側板を差し込み、ひっくり返ます。
IMG_5512-22e90.jpg

反対側の側板を差し込みます。
IMG_5513-03de4.jpg

この後、突っ張り板を取り付けて、圧着機に入れて圧着させます。

次は本番ですが、接着剤をつけながら、組立機で圧着させるまで、素早くやらないと接着剤が乾いてしまいます。なので、本番は写真を撮っている暇がありません。

組み立て機に入れると裏側の接着剤のはみ出しをふき取れないので、接合部分の周りにマスキングテープを張ってゆき、本番の準備をします。

無事組立機に入れる事が出来ました。
IMG_5516.JPG

縦仕切りはクランプで同時に圧着します。
IMG_5515.jpg

前後仕切りの位置が左右同じでないので、圧着するための突っ張り板を入れてあります。
組み立て機.jpg

普通のキャビネットと違って、中が複雑なので、結構、手間暇がかかっています。

さあ、後は引き戸と引出です。



おまけ

土曜日、オチャメのトイレに行く様子が変なので、妻が病院に連れてゆきました。
膀胱炎でした。
猫は原因不明の突発性膀胱炎によくなるとのことでした。
太い注射を2本も皮下注射してもらって、薬をもらってきました。

薬は茶色粉薬と、ピンクの粉薬。
それを朝晩、少量の水と混ぜて、針のない注射器に入れて、口の中に入れて飲ませます。

トイレに行く様子はよくなってきました。

でもなぜか、すずがオチャメの茶色い粉薬を気に入り、袋から引っ張り出して、かもうとしていました。
オチャメにやる時、こぼれた粉もぺろぺろ舐めています。

またたびみたいな味がするのな・・・
そういえば、最初嫌がって飲みたがらなかったオチャメも、3回目以降は素直に飲むなぁ。

早く良くなれよ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

キッチンアイランドその② [製作過程]

半分の巾に接いだ板を同じように倍の巾に接ぎます。
IMG_5494.JPG

組立機の調子が悪く修理中なので、すべてコニークランプで接ぎました。
IMG_5495.JPG

IMG_5496.jpg

無垢の板は反りやすいので、ここまで慎重に時間をかけます。
梅雨時は湿気が多く、とても扱いにくくなります。
目地を取り、
接いだ板を指定の大きさにカットしました。
仕切り用の合板も同じようにカット。
本体組立前の部材がそろいました。
IMG_5497.JPG

ホゾの位置決めをして、組み立てるためのドミノの穴を開けてゆきます。
接合部分が多いので、ドミノの穴も多いです。
IMG_5498.JPG

IMG_5499.JPG

ドミノの穴を開け終わったら、棚板用のダボ穴を開けてゆきます。
4か所あるすべての棚の奥行きが違うので、1か所づつセッティングが必要です。
下のビットが何本もつけることができる機械では、1列の穴を一度に開けます。
IMG_5500.JPG

しかし、側板の真ん中あたりにあるダボは、上の機械では開けることができないので、1つ1つ1つ穴用のボーリングマシンで開けます。

この後、引き戸用の溝を彫ってようやく組立です。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

キッチンアイランドその① [製作過程]

ステンレストップのキッチン用作業台を作ります。
大きさは700×1100×850
主材は栗です。

完成予想図です。
片側は引き扉
キッチンアイランド1100×7001部合板引き戸側.jpg

もう片側はオープン棚に引出が1杯
キッチンアイランド1100×7001部合板引出側.jpg

まず栗の荒材を用意して、必要な部材になる部分を取れるように材に線を引いてゆきます。
IMG_5476.JPG

まず丸鋸で長めの長さに切ってゆきます。
IMG_5477.JPG

次に帯鋸で大き目の巾に切ってゆきます。
IMG_5478.JPG

次に指定の厚みにそろえてゆきます。
数ミリづつ数日かけて仕上げます。
IMG_5480.JPG

IMG_5481.JPG

一気に削ると木が急に動いて反ってしまうので、この作業は慎重にします。

厚みに仕上がると板を接いで指定の巾にします。
板と板の間にサネとなるビスケットを入れて接着剤を塗り、
IMG_5482.JPG

圧着します。
IMG_5483.JPG

目地を少なくするためにまず半分の巾に接いでいます。
上の画像は2枚接ぎの板が2枚同時に圧着してあります。

今度の家具は、一部に突板合板を使用するので、無垢の板はこれでも少ないほうです。
それでも、天板、底板、側板2枚、仕切り板1枚、と5枚の接ぎ板を作らなければなりません。
半分接いでから大きな板にするので、この作業は計15回になります。
1枚、1枚、しばらく圧着するので、時間がかかります。
これらの板が接げれば、棚用のダボ穴を開けて、組立用の加工に入ります。
お楽しみに・・・




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

サイドボードとツートン座卓その④ [製作過程]

扉と引出を仕込みました。
IMG_5464.JPG

IMG_5465.JPG

天板を取り付けます。
取り付け用のねじ穴
IMG_5466.JPG

無垢の天板の動きを固めてしまわないように穴はスロットルになっています。
IMG_5467.JPG

面材をいったんはずして、裏板を取り付けます。
IMG_5468.JPG

IMG_5469.JPG

座卓の足を加工します。
IMG_5470.JPG

塗装をします。
IMG_5471.JPG

折りたたみ用の金物です。
IMG_5472.JPG

座卓の天板に反り止めを取り付けます。
IMG_5473.JPG

反り止めの入り口には栓をします。
IMG_5474.JPG

足をバランスよく取り付けます。
IMG_5475.JPG

足を折りたたんだところ。
DSC_0084.jpg

2つとも完成しました。
ショールームで撮影。
DSC_0077.jpg

DSC_0078.jpg

DSC_0085.jpg

納品先でも撮影させていただきました。
DSC_0095.jpg

とてもウッディなお家でよくマッチしていました。

次回はステンレストップの作業台になるキッチンアイランドです。
お楽しみに。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る