So-net無料ブログ作成

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

サイドボードとツートン座卓その③ [製作過程]

次は引出を組みます。
IMG_5452.JPG
ドミノチップによるホゾ組みです。

組立機で圧着します。
IMG_5453.JPG

4杯作りました。
IMG_5460.JPG

裏板を羽目板状に作って、本体に合わせてみました。
間にはさんであるのは隙間材です。
わざと隙間を開けて木が動けるようにします。
IMG_5454.JPG

本体を面取りサンディングして塗装しました。
IMG_5456.JPG

裏板、座卓の反り止め、引出の前板などを塗装しました。
天板は上塗り、座卓天板は下塗りをしました。
IMG_5457.JPG

扉に丁番用の加工をしました。
IMG_5459.JPG

本体に丁番受けと、スライドレールを取り付けます。
IMG_5461.JPG

扉と、座卓天板の上塗りをしました。
IMG_5462.JPG

IMG_5463.jpg

もうすぐ、サイドボードは完成です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

みなと喫茶部・夜間部 [ショップ情報]

ここの製作過程でも紹介した作業テーブルとカフェテーブルを納品した喫茶店がもうすぐオープンです。

140429160053rb3t_l.jpg

みなと喫茶部・夜間部」という店名です。

場所は、長野県 塩尻市広丘野村897-15

オーナーさんこだわりの、木造校舎の小学校をイメージした店内で、
手芸教室もあり、只今講師募集中です。

6月7日(土)11時オープンです。
ぜひ足を運んでみてください。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サイドボードとツートン座卓その② [製作過程]

続きです。

側板を組みます。
縦框に横框をドミノチップで合わせます。
IMG_5435.JPG

鏡板を差し込み、組んでゆきます。
これを2枚。
IMG_5436.JPG

扉も同じように組んでゆきますが、こちらはドミノ組ではなく、形状による組み合わせです。
IMG_5437.JPG

IMG_5438.JPG

接着剤が乾いたら、目地や接着剤のはみ出しをきれいにカンナで削って仕上げてゆきます。
前に組んでおいた天底板や仕切り板も同様です。
IMG_5439.JPG

次に座卓の耳部分を接いでゆきます。
万力にはさんであるのが耳付板です。
接着剤とビスケットチップを入れて、
IMG_5441.JPG

前に接いでおいた真ん中の天板を接ぎ合わせます。
IMG_5442.JPG

反対側の耳突板も同じように接ぎ合わせます。
IMG_5443.JPG

今度は両耳付なので、両側の形状に合わせた当て木を挟み込んでクランプで圧着します。
IMG_5444.JPG
縦にかけてある小さいクランプは、当て木が浮いてこないようにするためです。

いよいよ本体の組立のための加工に移ります。
ドミノチップの穴を必要な個所に開けてゆき、ドミノを用意して準備完了。
IMG_5445.JPG

IMG_5446.JPG

まずは縦仕切りを天底板に取り付けます。
IMG_5447.JPG

クランプで一旦圧着したら、側板と同じように組み、組立機で圧着します。
縦仕切りはまた、クランプで圧着。
IMG_5448.JPG
接着剤をきれいにふき取って丸1日このままに。

その間にサイドボードの天板を仕上げてゆきます。
クランプを外した状態。
目地や接着剤のふき取りきれなかったはみ出しがまだあります。
IMG_5440.JPG

カンナかけ、サンディングをして、
IMG_5449.JPG

下地になるベーシックオイルを塗装します。
IMG_5450.JPG

続きはまた次回です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

サイドボードとツートン座卓その① [製作過程]

山桜のサイドボードと山桜、ミズメザクラのツートン天板の座卓の製作過程です。

サイドボードの完成予想図
サイドボード(1200引出4杯).jpg

座卓の完成予想図
座卓(桜×ミズメ150).jpg

まずは、荒材の準備です。
桜とミズメザクラの荒材です。
IMG_5412.JPG

ミズメザクラは桜と名前がついていますが、カバノキ科の木です。
木肌が桜に似ているので、木材業界では、ミズメをサクラと言ったりもします。

必要な木取りを行います。
IMG_5417.JPG

これらを時間をかけて必要な厚みにそろえてゆきます。
IMG_5418.JPG

この厚い材は座卓の天板用です。
IMG_5419.JPG

厚みに揃ってきました。
IMG_5420.JPG

キャビネットの天底板を接ぎ合わせます。
IMG_5421.JPG

お馴染みサネになるビスケットです。
板厚が20㎜の場合はシングルで入れます。
IMG_5422.JPG

側板や、扉の鏡板用の薄い板も板接ぎします。
IMG_5426.JPG

キャビネットの天板も板接ぎ。
片耳付ですが、耳は後で接ぎます。
IMG_5429.JPG

鏡板は先に塗装をしておきます。
IMG_5430.JPG

キャビネットの縦仕切りも板接ぎします。
IMG_5431.JPG

キャビネットの天板に片耳板をはぎ合わせます。
IMG_5432.JPG
耳のついている方は小端が直角ではないので、クランプの当たるところにそれぞれの角度のついた当て木を用意します。
すべての当て木の角度が違います。
耳付は普通の板接ぎより手間暇がかかります。

座卓の天板を接ぎ合わせます。
IMG_5433.JPG
板厚が厚いので、ビスケットはダブルで入ります。

こちらは両耳付なので、両端は後で接ぐことにし、長方形のままで組立機で圧着します。
IMG_5434.JPG
わかりにくいですが、真ん中の材はミズメザクラです。
一番下の角材は組立機用のかさ上げ材です。

次は側板を組みます。

お楽しみに・・・


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る