So-net無料ブログ作成
検索選択

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

山桜のダイニングテーブルその② [製作過程]

部材を指定の厚みに近づけてゆきます。

天板用の材を並べてみました。
IMG_4865.JPG

IMG_4866.JPG

IMG_4867.JPG

厚みはまだ38㎜程です。
6枚接ぎになる予定です。

天板以外の部材も削っていっています。
IMG_4868.JPG

天板を少しづつ接いでゆきます。

まず2まいづつ、2組の板を接ぎ合わせます。
IMG_4869.JPG

接ぎ口にはサネ用のビスケット(専用の木片)を入れるための溝を切ってあります。
天板が厚いのでダブルで入れます。

接ぎ口の片側には水をもう片側には接着剤を塗り、
ビスケットが入る穴に接着剤を入れ、ビスケットを入れてゆきます。
IMG_4870.JPG

プレスで圧着させます。
IMG_4871.JPG

1昼夜圧着した後、2枚接ぎの板を同じように接ぎ合わせます。
IMG_4884.JPG

これでまだ4枚接ぎの状態です。
IMG_4885.JPG

圧着している間に脚の加工をします。

足と天版に突く桟を組み立てる用のほぞ穴を掘ってゆきます。
IMG_4886.JPG

天板に付く桟にもホゾ穴を掘ります。
IMG_4887.JPG

ここにもダブルでホゾが入ります。
IMG_4888.JPG

床に付く擦り桟にもホゾ穴を開けます。
IMG_4889.JPG

足に貫板が入るためのほぞ穴を開けます。
IMG_4890.JPG

これらには割くさび用のホゾが入るので、

大きめのホゾ穴をテーパーを付けて掘ります。

だんだん加工が進んできました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る