So-net無料ブログ作成
検索選択

  空.jpg      Cs27Xo_VIAAHplY.jpg     IMG_2064.JPG    
空 2011.8生まれ    すず 2009.7生まれ   おちゃめ 1997.7~2016.12

庭木が家具になるまでーその⑮ 製作過程⑤ [想いを形に]

スツールの飛び出たホゾとくさびをのこぎりで切り落とします。
IMG_3600.JPG

IMG_3607.JPG

表面を滑らかにサンディングして、後は塗装です。
IMG_3609.JPG

塗料はプレポリマーです。
専用シンナーで希釈したプレポリマーを刷毛で塗ってゆきます。
木が塗料をどんどん吸い込みます。
これ以上吸い込まないというところまで塗ってゆきます。
時間が経ちすぎるとべとべとしてくるので、素早く塗り込みボロキレでふき取ります。
その後、専用シンナーをボロキレに付けて表面に残った塗料をきれいにふき取ります。
IMG_3611.JPG

木目が鮮やかに浮き出てきました。
このまま充分に乾燥させます。

乾燥したら#400の水研ぎペーパーで全体を研磨します。
そしてまた、乾かします。

もう一度専用シンナーで希釈したプレポリマーを塗り、
今度は#800の水研ぎペーパーで研磨。
最後にもう一度塗装して乾燥させれば完成です。

スツールの塗装の間にテーブルの天板の板接ぎをしました。
接ぐ板は全部で8枚です。
IMG_3582.JPG

まず、2枚づつ接ぎ合わます。
IMG_3602.JPG

IMG_3604.JPG

IMG_3605.JPG

IMG_3606.JPG

接ぎ合わせた4枚の板が出来ました。
肉桂の老けの部分が思ったより多く、
最終的な全体の巾は80cmを切ってしまいそうです。
IMG_3610.JPG

天板の木目や色合いなどを見ながら木を並べ替え、
一番左端の板を裏返し、ベストと思われる順番にしました。
IMG_3613.JPG

この並べ方が、木目のつながりがきれいだと思います。
これで決定です。
IMG_3612.JPG

2枚づつ接ぎ合わせます。
IMG_3614.JPG

IMG_3615.JPG

これで、40cm弱の巾の板になりました。
まだ、厚みは仕上がりサイズにしていません。
工房にある厚みに削る機械、自動カンナは巾60cmまで削る事ができます。

この板の厚みをそろえ、最後の接ぎでやっと1枚の板になりました。
IMG_3616.JPG

IMG_3617.JPG

余分な端を切り落とします。
IMG_3618.JPG

製作過程⑥、に続く



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る